USB Type-C接続対応モバイルモニター「Lepow Z1」レビュー【PR】

  • USB Type-C 接続対応モバイルモニター「Lepow Z1」レビュー
  • Windows PC や MHL 対応スマーフォンを USB Type-C ケーブルで接続
  • 多少難点はあるものの手軽で便利!
この記事は、Amazon セター Hofan 様の提供でお送りします。

国内 Amazon.co.jp でモバイルモニターを多数取り扱う Hofan 様より、モバイル 15.6 インチモバイルモニター「Lepow Z1」を提供いただいたので、今回の記事ではそのレビューをお送りさせていただきます。

何気に私自身、初のモバイルモニターです。

「Lepow Z1」

「Lepow Z1」は、15.6 インチ(1,920 × 1,080)フル HD ノングレアディスプレイを搭載するモバイルモニターです。

映像入力用のユーザーインターフェースは Mini HDMI と USB Type-C 各 1 ポートずつで、このほかに外部電源からの給電用 USB Type-C コネクタももう一つ搭載されています。また 3.5mm イヤホンジャック、電源ボタン、各操作用ダイヤルも実装。

映像入力用のユーザーインターフェース(Mini HDMI / USB Type-C)
給電用 USB Type-C コネクタ

「Lepow Z1」の特徴はざっと以下の通り。タッチディスプレイは非対応です。

「Lepow Z1」特徴
  • 15.6 インチ(1,920 × 1,080)フル HD ノングレアディスプレイ
  • タッチ非対応
  • USB Type-C 接続対応
  • 本体重量 730g
  • 薄さ 9mm
  • バッテリー非搭載

HDMI がコネクタが Mini HDMI(Type-C)となっているため薄型となってはいますが、やはり利便性を考慮すると 多少厚くなってもいいので HDMI(Type-A)が良かったような気はします。

開封

「Lepow Z1」内容品

「Lepow Z1」の内容品は、「Lepow Z1」本体、スタンド機能付きマグネットカバー、保護フィルム、HDMI Mini HDMI ケーブル、USB Type-C USB Type-C ケーブル、AC コネクタ、USB Type-A USB Type-C ケーブル、そして説明書です。

基本的に必要なケーブル類は揃っています。

「Lepow Z1」内容品
  • 「Lepow Z1」本体
  • スタンド機能付きマグネットカバー
  • 保護フィルム
  • HDMI Mini HDMI ケーブル
  • USB Type-C USB Type-C ケーブル
  • AC コネクタ
  • USB Type-A USB Type-C ケーブル
  • 説明書

保護フィルムが入っているのはありがたいのですが、「Lepow Z1」はそもそもタッチ操作非対応なので、そこまで必要ないかも。

「Lepow Z1」730g のわりには軽く感じる

「Lepow Z1」、かなりシンプルなデザインです。マグネットカバーを装着するということもあり、背面はフラット。

「Lepow Z1」背面はフラット

開封しての第一印象は、とにかく “軽い!” です。本体重量 730g ですが、片手で軽々と持てるタブレットのような感覚でした。バッテリー非搭載だからこその軽さですね。

接続してみての感想

冒頭画像の通りですた、今回私は「Lepow Z1」を「Surface Pro 7」と、USB Type-C ケーブルで接続してみました。

「Lepow Z1」には一応電源ボタンが搭載されていますが、「Surface Pro 7」を起動している状態で接続すると、すぐに映像入力信号を認識してサブディスプレイとして利用することができました。ちなみに接続した状態で「Lepow Z1」の電源ボタンを押せば、「Lepow Z1」のディスプレイは OFF になります。

「Lepow Z1」は「Surface Pro 7」側から電源を確保する仕様なので、別途外部電源接続は不要。つまり USB Type-C ケーブル一本で「Lepow Z1」をサブディスプレイとして利用することができます。

タッチ操作非対応なのサブ感強めなディスプレイではありますが、例えば WEB ページや「YouTube」動画を「Lepow Z1」で表示しながら「Surface Pro 7」でブログを執筆する、なんて使い方であれば最適です。テレワーク利用としても良さそうですね。

私が感じた「Lepow Z1」のメリットは、以下の通り。

「Lepow Z1」メリット
  • 基本的に USB Type-C ケーブル一本でサブディスプレイ運用ができるので手軽
  • 本体がとても軽いので持ち運びが楽

ただ逆に気になったのは、スピーカーが貧弱な点。音量 MAX に設定していてもはっきり言って使い物にならないほど音が小さい。音声出力は PC 側に設定するか、Bluetooth スピーカーなどの外部スピーカーを用意したほうがいいかも。

ほかにも、色合いや解像度を変更できるコントロールパネルが操作しにくく感じました。基本はコントロールパネルを触ることはないので、別にいいっちゃいいんですけどね。

「Lepow Z1」デメリット
  • スピーカーが貧弱
  • コントロールパネルが操作しにくい

「Mobile High-definition Link(MHL)」対応スマートフォンやタブレット、もしくは「Samsung DeX」対応 Galaxy シリーズなどであれば、USB Type-C ケーブルで接続してスマートフォンの画面を「Lepow Z1」に表示したり、デスクトップ UI で表示して操作するなんてことも可能ではあるのですが、残念ながら手元に「MHL」対応スマートフォンや Galaxy がないため、それらを試すことはまだできていません。

まとめ

冒頭でもお伝えした通り、私史上初のモバイルモニターが「Lepow Z1」だったわけですが、この手軽さにはなかなか感動しました。

私は普段、家でも外でも「Surface Pro 7」一台で仕事をしていてその手軽さに慣れてはいるのですが、プラスで「Lepow Z1」を同時に持ち運んでも良いかも、と思わせるほどの手軽さ。さらにブログ執筆が捗りそうです。

気になる「Lepow Z1」のお値段は、Amazon で 22,280 円。気になる方は、是非 Amazon を覗いてみてください。

Amazon 商品ページリンク

「Lepow Z1」
ポータブルモニター モバイルモニター 15.6インチ Lepow IPSパネル 1920x1080FHD より広い色域 非光沢 ノングレア 9mm薄い 軽量 ノートパソコン・デスクトップ・スマホ・ゲーム機・Apple Mac(thunderbolt 3)・Nintendo Switch・PS4・ラズパイ・XBOX ONE・Wiiなど対応 USB Type-C/mini HDMI/カバー兼スタンド付 テレワーク リモートワーク 在宅勤務 日本語取扱説明書付き 3年保証 PSE認証済み Z1

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください