Google、製品パッケージにて2025年までにプラスチック未使用にすることを約束

  • Google、Made by Google 製品に関する持続可能性の追加目標を発表
  • 2025 年までに製品素材の 50% をリサイクル素材に
  • 2025 年までに 100% プラスチックを使用しない製品パッケージを採用

Google は 2020 年 10 月 26 日、同社製品(Made by Google)に関する持続可能性の目標を発表しました。

ちなみに今回発表された持続可能性の目標は、2020 年 9 月に発表された、再生エネルギーの活用、二酸化炭素排出量ゼロ、無炭素エネルギーによる稼働などの、持続可能性の目標に対する追加の内容です。

Sustainability has been a core value for Google since our founding. Now we're going further ...
Our third decade of climate action: Realizing a carbon-free future - Google

今回新たに発表された内容は、今後発売される Google 製品に関係のある内容となりました。それは、2025 年までに製品素材の 50% をリサイクル素材を用いるか、もしくはリサイクル可能な素材を用いることと、2025 年までに 100% プラスチックを使用しない製品パッケージを採用し、さらに 100% リサイクル可能な素材を採用するという点です。

Google は 2019 年に発売したスマートスピーカー「Nest Mini」にて再生プラスチックを初採用し、そして 2020 年 10 月に発表し発売した「Nest Audio」においては、音響パーツ全体の 70% に再生プラスチックが採用されました。また Google 新世代スマートフォン「Pixel 5」のリアカバーでは、100% リサイクルアルミニウムが用いられていることでも、話題となっています。

すでに Google 製品はリサイクル素材の採用が進められていて、当初の目標を早期に達成している模様。そういったこともあって、今回追加で持続可能性の目標が発表されたわけです。

今後 Google から発表される製品もスペックなども気になりますが、どんな素材が使われていて、どんなパッケージになるのかまで、隅々まで楽しめそうですね。期待したいと思います。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください