新世代コンパクトドローン「DJI Mini 2」発表

  • DJI 新世代コンパクトドローン「DJI Mini 2」発表
  • 「DJI Mavic Mini」の後継で今回も国内モデルは重さ 199g の特別仕様
  • 基本価格税込み 59,400 円

中国ドローンメーカー DJI は 2020 年 11 月 5 日、昨年同時期に発表した “Mavic” ドローンシリーズの折りたたみ式モデル「Mavic Mini」の後継となる「DJI Mini 2」を正式発表しました。

「DJI Mini 2」は 2020 年 11 月 12 日発売予定で、DJI 公式のほか、国内 Amazon.co.jp やビックカメラなどで予約も開始されています。価格は、単体モデルが税込み 59,400 円、本体を収納できるショルダーバッグや複数個の予備バッテリーが付属する「DJI Mini 2 Fly More コンボ」は税込み 79,200 円です。

「DJI Mini 2」は「Mavic Mini」よりも値上がり

価格的には、昨年の「Mavic Mini」よりも単体約で 13,000 円、”Fly More コンボ” では 20,000 円も値上がりしています。

ちなみに、「DJI Mini 2」は昨年の「Mavic Mini」と同様に、本体重量 249g の海外モデルと本体重量 199g 特別仕様の日本モデルに分かれています。日本モデルが軽量化されている理由は、平成 27 年 12 月 10 日より新たに制定された、国土交通省が定める無人航空機の飛行ルールを避けるためです。

無人航空機の飛行ルールでは、200g 以上のドローンなどの無人航空機を、自治体の許可なく人口集中地域や 150m 以上の航空領域などでドローンを飛ばすことができなくなっています。しかし 199g の「DJI Mini 2」は飛行ルール適用外となるため、許可なく飛ばすことができます。

「DJI Mini 2」

「DJI Mini 2」

「DJI Mini 2」は、2019 年 10 月に発表された、DJI 製コンパクト & 折りたたみ式ドローン「Mavic Mini」の後継モデルです。

「DJI Mini 2」も前機種「Mavic Mini」と同じく、国土交通省が定める無人航空機の飛行ルールを避けるため、日本モデルは本体重量 199g に抑えられています。また最大飛行時間は 18 分と、こちらも前機種「Mavic Mini」から代わり変更はありません。

「DJI Mini 2」に搭載されるカメラは、3 軸ジンバル式の 24mm F/2.8 レンズ搭載 1,200 万画素 1/2.3 インチカメラカメラで、こちらも前機種「Mavic Mini」から変更なし。ただし、前機種「Mavic Mini」では非対応だった 4K(最大 4K@30fps)動画を新たにサポートしています。

「Mavic Mini」の基本価格は、リモートコントローラー、バッテリー、予備のプロペラ、このほか必要なすべてのツールがセットになったノーマルバージョンが税込み 59,400 円、本体を収納できるショルダーバッグ、プロペラホルダー、双方向充電ハブ、バッテリー × 3、18W 充電器も付属された「DJI Mini 2 Fly More コンボ」が税込み 79,200 円です。

ノーマルバージョン
DJI Mini 2 Fly More コンボ

商品ページリンク

DJI 公式

「DJI Mini 2」
【国内正規品】DJI MINI 2 ドローン カメラ付き 小型

Amazon

「DJI Mini 2」
【国内正規品】DJI MINI 2 ドローン カメラ付き 小型

ビックカメラ

「DJI Mini 2」
【ドローン】DJI Mini 2 (JP) MI2CP1
「DJI Mini 2」
【ドローン】DJI Mini 2 Fly More Combo (JP) MI2CP2

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください