Article headline Speakable markup example

「楽天モバイル」スマホ下取りサービス申込可能台数を年内5台までに制限

  • 「楽天モバイル」が「スマホ下取りサービス」の利用規約を変更
  • 申し込み可能台数を過去 1 年で最大 5 台までに制限
  • 2020 年 11 月 20 日より新しい利用規約で提供

楽天は 2020 年 11 月 13 日、同社の MNO(当初 MVNO)サービス「楽天モバイル」にて 2020 年 1 月から提供している中古スマートフォンを対象とした下取りサービス「スマホ下取りサービス」の利用規約を変更すると発表しました。

新たに変更される「スマホ下取りサービス」の利用規約では、申し込み可能台数を過去 1 年で最大 5 台までに制限する文言が、新たに追加されます。つまりこれまで無制限で「スマホ下取りサービス」に申し込みできたのが、これからは過去 1 年最大 5 台までに制限されます。

おそらくですが、安く入手した中古品を大量に「スマホ下取りサービス」に出すユーザーなどがいたのでしょうね。

申込条件 第 3 条に追加される文言
(3)本サービス申込時点から過去1年以内に5台(本申込にかかる本件製品は含まない)以上の端末について本サービスを利用していないこと

この「スマホ下取りサービス」の新しい利用規約は、2020 年 11 月 20 日からの提供となりまうす。

ちなみに「楽天モバイル」の「スマホ下取りサービス」は開始当初、専用 WEB サイトだけでなく楽天モバイルショップでも受付が行われていたのですが、2020 年 11 月 1 日より楽天モバイルショップでの受け付けが休止となり、現在は専用 WEB サイトからの申し込みのみとなっています。

Source:楽天モバイル

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください