Article headline Speakable markup example

データ20GB+5分通話定額+LINEノーカウント「SoftBank on LINE」発表

  • ソフトバンクと LINE モバイル、データ容量 20GB + 5 分通話定額 +  LINE ノーカウントのソフトバンク新プラン発表
  • コンセプトは「SoftBank on LINE」
  • 次世代通信規格「5G」対応で月額料金 2,980 円(税抜き)、2021 年 3 月提供開始予定

ソフトバンクは 2020 年 12 月 22 日、NTT ドコモが先に発表したデータ容量 20GB + 5 分通話定額付きで、さらに次世代通信規格「5G」にも対応する月額 2,980 円(税抜き)の新プラン「ahamo」に対抗する、「SoftBank on LINE」コンセプトの2021 年 3 月提供予定新ブランド & プランを発表しました。

コンセプト「SoftBank on LINE」
「SoftBank on LINE」

ソフトバンクの「SoftBank on LINE」コンセプト新ブランド & プランは、ソフトバンク(Z ホールディングス)子会社の MVNO「LINE モバイル」との協業により実現した、オンライン専用の新しい MNO ブランド & プランです。

その内容は「ahamo」と同じく、データ容量 20GB + 5 分通話定額付き + 次世代通信規格「5G」対応で、さらに「LINE」のデータ容量がカウントされない「LINE がギガノーカウント」も付き、月額料金「ahamo」と同じく月額 2,980 円(税抜き)。そして、契約はオンライン限定で、「LINE」アプリ上で様々な手続きを行うことも可能です。

さらにさらにソフトバンクの「SoftBank on LINE」コンセプト新ブランド & プランは、eSIM にも対応予定。このほか、国内通話がすべて定額の 1,000 円(税抜き)で利用できる通話定額オプションも用意。そして提供開始予定は、2021 年 3 月です。

「SoftBank on LINE」特徴
  • データ容量 20GB + 5 分通話定額付き +「LINE がギガノーカウント」付き
  • 月額 2,980 円(税抜き)
  • 4G LTE + 次世代通信規格「5G」対応
  • 20GB 超過後の下り最大速度は 1Mbps
  • 1GB / 500 円(税抜き)でデータ容量追加可能
  • 別途国内通話かけ放題オプションも 1,000 円(税抜き)で提供
  • オンライン契約限定 & LINE アプリ上で手続き可能
  • eSIM 対応予定

ちなみにソフトバンクの「SoftBank on LINE」コンセプト新ブランド & プランは、あくまでもコンセプト名でブランド名ではありません。ブランド名などの詳細は、今後改めて発表される予定です。

Source:ソフトバンク

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください