タダ!楽天モバイル、新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」発表

  • 楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」発表
  • これまでと同じくワンプランのまま
  • 月間データ量が 1GB 未満の場合はなんとタダ

楽天は 2021 年 1 月 29 日、昨年 2020 年 9 月 30 日に発表した同社の MNO サービス「楽天モバイル」の次世代通信規格「5G」対応プラン「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」に替わる次世代新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI(シックス)」を正式発表しました。

「楽天モバイル」の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、これまでと同じくワンプランのままで、2021 年 4 月 1 日より提供が開始されます。また「Rakuten UN-LIMIT VI」でも、300 万回線に達するまでは新規契約の場合、基本料金が 1 年間タダとなります。

既存の「Rakuten UN-LIMIT V」ユーザーの場合は、2021 年 4 月 1 日より自動で新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に移行されます。

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

「Rakuten UN-LIMIT VI」

「楽天モバイル」より新たに発表され、そして 2021 年 4 月 1 日より提供が開始される新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、段階制の料金プランを取り入れた、場合によっては 2 年目以降もタダで利用することができる、革新的な料金プランです。

まず、月間データ量が 1GB 未満の場合は、基本料金がなんとタダ。1 年目の基本料金タダだけでなく、Wi-Fi 運用などでモバイルデータ通信をほとんど利用しなかった場合、2 年目もタダで運用することが可能となります。

そして月間データ量 20GB 未満の場合は、なんと基本料金が 1,980 円(税抜き)。そして 20GB 以上の場合は、これまでと同じく 2,980 円(税抜き)です。

ただし注意していただきたいのは、「楽天モバイル」の契約を 2 回線以上保持している場合、2 回線目からは 3GB 未満の場合に 980 円(税抜き)の基本料金が発生します。つまり 2 回線目以降は使わなくても基本料金はタダではなく 980 円(税抜き)です。

このほか「楽天モバイル」は、オンライン契約限定となる NTT ドコモの「ahamo」、KDDI の「povo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」とは異なり店頭での契約も可能で、店頭契約の場合でも契約事務手数料なども一切掛かりません。

「楽天モバイル」契約事務手数料 & MNP 転出手数料を 0 円で提供開始 2020 年 11 月 4 日より ...
「楽天モバイル」契約事務手数料&MNP転出手数料を0円で提供開始 - Jetstream BLOG

さらに「Rakuten UN-LIMIT VI」は、今後キャリアメールサービスも提供予定です。「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」ではキャリアメールサービスが省かれるので、この点も「Rakuten UN-LIMIT VI」の優位点となります。

ちなみに「楽天モバイル」、2021 年 1 月29 日時点で、契約者数は 220 万名以上となっている模様。1 年間基本料金タダで利用できるのは、残り約 80 万名です。まだ「楽天モバイル」を契約していない方は、今すぐ契約しましょう!

Source:楽天モバイル

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください