Article headline Speakable markup example
KDDI Povo

au PAY残高3,000円分!KDDI「povo」先行エントリー開始

  • KDDI「povo」先行エントリーキャンペーン開始
  • 提供開始前日までのエントリー & 2021 年 5 月 31 日までに契約で「au PAY 残高」3,000 円分プレゼント
  • 先行エントリー受付はサービス開始前日まで

KDDI は 2021 年 2 月 1 日、2021 年 1 月 13 日に発表した NTT ドコモ「ahamo」やソフトバンク「SoftBank on LINE」に対抗するデータ容量 20GB で月額 2,480 円(税抜き)の次世代通信規格「5G」対応新プラン「povo」の、先行エントリーキャンペーンを開始しました。

「povo」の先行エントリーキャンペーンは、「povo」提供開始前日まで行われます。そして「povo」に先行エントリーすることで、「au PAY 残高」3,000 円分もらうことが可能です。

ただし「au PAY 残高」3,000 円分がもらえる「povo」先行エントリーキャンペーンは、先行エントリーをしておきつつ、最低でも 2021 年 5 月 31 日までの契約継続と、手続き案内公開後に「au PAY 残高」をもらうための手続きを行うことが必須です。

「au PAY 残高」3,000 円分がもらえる「povo」先行エントリーキャンペーンの流れ
  1. 専用ページから先行エントリー(「povo」開始前日まで)
  2. 2021 年 5 月 31 日までまでに「povo」を契約
  3. 手続き案内公開後に受け取り手続き

「povo」を契約する予定の方は、先行エントリーキャンペーンの流れを把握しておきましょう。

「povo」
「povo」

「povo」は、データ容量月 20GB でオンライン契約専用の、4G LTE & 次世代通信規格「5G」の「au」プランです。

その特徴はオンライン契約専用とデータ容量月 20GB となる点、そして通話定額が内包されて月 2,980 円(税抜き)となる「ahamo」「SoftBank on LINE」とは異なり、通話定額をオプション化している点。

そのため「povo」の料金は月額 2,480 円(税抜き)ですが、「5 分以内通話かけ放題(税抜き 500 円)」を追加すると、「ahamo」「SoftBank on LINE」と同じ月 2,980 円(税抜き)となります。

また通話定額オプションでは、24 時間国内通話が無料となる「通話かけ放題(税抜き 1,500 円)」も用意。さらにデータ容量の一時追加も、1GB / 500 円(税抜き)で可能です。

月のデータ容量 20GB を超過した場合も、下り最大速度は 1Mbps で継続利用が可能です。

さらに「povo」では、200 円(税抜き)の追加料金で 24 時間データ容量が使い放題となる「データ使い放題 24 時間」も用意されています。旅行先など、短日のデータ容量を使い放題にしたい場合に重宝するオプションです。もちろん都度 200 円(税抜き)のオプション料金は掛かりますが、月に何度でも利用可能です。

このほか「povo」では「ahamo」と同じく、キャリアメール(au.com / ezweb.jp)は提供されません。また「povo」は今後、eSIM にも対応予定。次世代通信規格「5G」については、2021 年夏から利用可能となる予定です。

「povo」特徴
  • データ容量 20GB(通話定額なし)で月額 2,480 円(税抜き)
  • 別途「5 分以内通話かけ放題(税抜き 500 円)」「通話かけ放題(税抜き 1,500 円)」オプション提供
  • 「データ使い放題 24 時間(税抜き 200 円)」オプションも用意
  • 4G LTE + 次世代通信規格「5G」対応
  • 20GB 超過後の下り最大速度は 1Mbps
  • 1GB / 500 円(税抜き)でデータ容量追加可能
  • オンライン契約限定
  • キャリアメール提供なし
  • 「au」「UQ mobile」「povo」間での契約解除料、番号移行手数料、新規事務手数料は無料

「povo」の提供開始日などの詳細は、追って発表されます。

Source:povo

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください