Article headline Speakable markup example
Google Camera

Feature Drop!「Googleカメラ」天体タイムラプスついに解禁【v8.2.400】

  • Pixel 向けデフォルトカメラアプリ「Google カメラ」にアプリバージョン v8.2.400 アップデート配信開始
  • ついに「天体タイムラプス」が解禁
  • 「Google フォト」の[ロックされたフォルダ]に直接保存するカメラ撮影機能も解禁

2021 年 6 月 16 日未明、Google Pixel スマートフォン向けデフォルトカメラアプリ「Google カメラ」に、アプリバージョン v8.2.400 アップデート配信開始されました。

今回の「Google カメラ」アプリ v8.2.400 アップデートでは、先日発表された Google Pixel スマートフォンに提供される新機能「Feature Drop」最新版の目玉機能の一つ、「天体タイムラプス」撮影機能がついに解禁されています。超々待望機能が、ついに解禁です。

「天体タイムラプス」

「Google カメラ」アプリの「天体タイムラプス」撮影機能は、「Google カメラ」アプリに元からある「天体写真」撮影モードと同じ要領で夜空を撮影することで、静止画だけでなくタイムラプス動画まで撮影できる新撮影機能です。

「Google カメラ」アプリにて暗所特化撮影機能「夜景モード」に切り替えた状態で三脚などに Google Pixel スマートフォンを固定してリアカメラを夜空に向けたまま数秒待機すると、シャッターボタンが天体アイコンに切り替わり「天体写真」撮影モードとなるので、その状態でシャッターを押して 3 分前後待つことで、天体の静止画だけでなくタイムラプス動画も同時に撮影されます。

「Google カメラ」の「天体写真」撮影モード

ちなみに「天体タイムラプス」ではこれまでの天体静止画のほかにタイムラプス動画も同時撮影されるため、その分ストレージ容量を多く消費することとなります。もし「天体タイムラプス」が不要という場合は、「Google カメラ」アプリの設定を開いて、[詳細設定]→[天体写真のタイムラプスを有効にする]のスイッチを OFF にすれば、「天体写真」撮影モードでも「天体タイムラプス」撮影が行われなくなります。

「天体タイムラプス」撮影設定

また、「Google カメラ」アプリの「天体タイムラプス」は、国内版「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」「Pixel 4a」「Pixel 4」「Pixel 4 XL」で利用できますが、国内版「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」では利用できません。ご注意ください。

ということで、ついに「Google カメラ」アプリの「天体タイムラプス」が解禁されました。私も沖縄のど田舎まで行って、素敵な「天体タイムラプス」を行ってこようと思います。そのレポートは、また改めてお送りさせていただきます。

[ロックされたフォルダ]も統合

今回の「Google カメラ」アプリ v8.2.400 アップデートではこのほか、先に解禁された新機能「Feature Drop」の一つ、Android 版「Google フォト」アプリにおける[ロックされたフォルダ]機能の統合も行われています。

写真や動画を撮影する際に「Google カメラ」アプリにて画面右上に表示されるフォルダアイコンから[保存先]を[ロックされたフォルダ]に切り替えておくことで、撮影する写真や動画を直接[ロックされたフォルダ]に保存することができるようになります。

[ロックされたフォルダ]機能が「Google カメラ」アプリに統合

アプリリンク

Android
Price: Free

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください