Article headline Speakable markup example
Google Maps

「Google マップ」インドアライブビューがJR東日本主要駅で利用可能に

  • 「Google マップ」アプリの[インドア ライブビュー]が JR 東日本主要駅で利用可能に
  • まずは東京駅、新宿駅、渋谷駅、品川駅、上野駅、池袋駅、新橋駅、秋葉原駅、高田馬場駅、五反田駅、恵比寿駅、日暮里駅、中野駅、北千住駅、立川駅、大宮駅、浦和駅
  • 今後順次拡大予定

Google Japan は 2021 年 7 月 5 日、2021 年 3 月末に公式発表し、そして日本国内では羽田空港で利用ができるようになった、地図サービス「Google マップ」アプリ AR 徒歩ナビゲーション機能[ライブビュー]の屋内版[インドア ライブビュー]を、JR 東日本主要駅でも解禁して提供開始しました。

「Google マップ」アプリの[インドア ライブビュー]は、2021 年 3 月 31 日に提供開始が正式発表された機能です。ただし日本では、羽田空港内でしか利用することができませんでした。

今回[インドア ライブビュー]が利用できるようになった JR 東日本の主要駅は、東京駅、新宿駅、渋谷駅、品川駅、上野駅、池袋駅、新橋駅、秋葉原駅、高田馬場駅、五反田駅、恵比寿駅、日暮里駅、中野駅、北千住駅、立川駅、大宮駅、浦和駅の計 17 駅です。また[インドア ライブビュー]は今後、順次提供施設が拡大されていく予定となっています。

また、「Google マップ」の Android 版と iOS 版の最新アプリバージョンでの解禁となります。必ずアプリをアップデートしておきましょう。


[インドア ライブビュー]

[インドア ライブビュー]

「Google マップ」アプリの[インドア ライブビュー]は、スマートフォンのリアカメラを利用して、映し出されている画面の風景上に AR 機能を用いた矢印やマーカーなどを画面表示してくれる便利屋外ナビゲーション機能[ライブビュー]の屋内バージョンです。

[インドア ライブビュー]を用いることで、空港や大型ショッピングモールにて、例えば敷地が広い空港の場合、チェックインカウンターや保安検査場、手荷物受取所だけでなく、最寄りのエレベーターやエスカレーター、さらにはトイレや ATM などの、AR 機能を用いた屋内ナビゲーションが可能となります。

[インドア ライブビュー]は当初、シカゴ、ロングアイランド、ロサンゼルス、ニューアーク、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトルの一部ショッピングモールや、羽田空港、ドイツのチューリッヒ空港にて解禁されましたが、2021 年 7 月上旬に、JR 東日本の主要駅でも解禁されています。そしてもちろん、今後も順次提供拡大予定です。

ちなみに[ライブビュー]および[インドア ライブビュー]は、Google AR プロジェクト「ARCore」改め「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしている Android と iOS デバイスに限り利用可能。

アプリリンク

Android
Price: Free
iOS

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください