Article headline Speakable markup example
Google Maps

「Google マップ」新型コロナワクチン接種会場情報表示開始

  • 「Google マップ」と検索で「新型コロナウイルス(COVID-19)」ワクチンの接種会場情報表示開始
  • 予約の有無や接種資格(対象年齢)情報などを確認可能
  • 防衛省および厚生労働省の公式情報を基に展開

Google Japan は 2021 年 7 月 30 日、地図サービス「Google マップ」および Google 検索において、「新型コロナウイルス(COVID-19)」ワクチンの接種会場情報表示を開始しました。

「Google マップ」および Google 検索における「新型コロナウイルス」ワクチン接種会場情報では、会場ごとに予約の有無や接種資格(対象年齢)情報などを確認することができるようになっています。

「新型コロナウイルス」ワクチン接種会場情報

またこれらの「新型コロナウイルス」ワクチン接種会場情報は、防衛省提供の大規模接種センター情報と、厚生労働省のコロナワクチンナビに登録されている 3 万件以上のワクチンが接種提供医療機関情報が基となっています。つまり公式情報です。

また Google 検索の精度向上最新技術「Multitask Unified Model(MUM)」を用いて、検索ワードの認識と正しい識別が瞬時に行われ、より信頼性の高い情報がタイムリーに表示されるようになっています。

ただし、より正確な「新型コロナウイルス」ワクチン接種情報が一般ユーザーに提供されるには、各医療機関ごとの取り組みも必要不可欠です。Google では「Google マイビジネス」によるスポット情報の開示や「Google フォーム」を用いたワクチン接種予約フォームの作成など、オンラインで学ぶことができる公式ページ「Google マップ、検索上でのコロナワクチン接種に関する情報発信」も公開しているので、医療機関関係者は是非一度覗いてみてください。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。