Article headline Speakable markup example
Nest Doorbell

新型スマートドアベル「Nest Doorbell」国内発売

  • 国内初投入となる新型スマートドアベル「Nest Doorbell(Battery Type)」本日 2021 年 8 月 26 日国内発売
  • 本体価格は税込み 23,900 円
  • 日本国内では基本的に有線電源接続運用ではなくバッテリー運用となるので注意

Google が 2021 年 8 月 5 日に正式発表した、海外では「Nest Hello」として展開されてきたスマートドアベルの新型「Nest Doorbell(Battery Type)」が、本日 2021 年 8 月 26 日についに国内発売されました。

「Nest Doorbell(Battery Type)」の本体価格は、税込み 23,900 円です。また「Nest Doorbell(Battery Type)」の国内発売に合わせて、30 日間の動画履歴が保存される月額税込み 630 円プランと 60 日間の動画履歴が保存される月額税込み 1,260 円プランの 2 プランが用意されているサブスクリプション型見守りサービス「Google Nest Aware」の国内提供も、同時に開始されています。

ちなみに「Nest Doorbell(Battery Type)」はバッテリー駆動だけでなく、有線電源に接続して運用することも一応可能ですが、一般的な日本国内規格のチャイムやドアベルで使用されている DC 5V 程度の電源ではなく、米国製チャイムやドアベルなどで用いられる AC 8 ~ 24V 電源が必要となります。

つまり既存の日本国内規格チャイムやドアベルの電源をそのまま流用することができない可能性が高いため、有線電源接続運用を検討されている方は、十分注意してください。

ただし、「Nest Doorbell(Battery Type)」でも旧「Nest Hello」と同じく、必要な電源は AC 8 ~ 24V となります。日本国内で使用されている既存のチャイムの多くが、DC 5V 程度の電源を使用しているため、互換性がありません。

つまり「Nest Doorbell(Battery Type)」を有線電源で運用する場合、AC 8 ~ 24V 対応の電源を用意する必要があります。ご注意ください。

「Nest Doorbell(Battery Type)」

「Nest Doorbell(Battery Type)」

「Nest Doorbell(Battery Type)」は、2018 年に米国などの海外で発売された、Google Nest ブランドのスマートドアベル「Nest Hello」に対する新型モデルです。

「Nest Doorbell(Battery Type)」は、チャイムボタンが押されるとスマートフォンや Google スマートスピーカー、Google スマートディスプレイに来客のお知らせをしてくれるだけでなく、スマートフォンや Google スマートディスプレイでは「Nest Doorbell(Battery Type)」のカメラを通したリアルタイム映像を見ながら、そのまま応答(双方向通話)することもできます。

またモーションセンサー搭載で、「Nest Doorbell(Battery Type)」のチャイムボタンを押されなくても、「Nest Doorbell(Battery Type)」の前を誰かが通った場合にスマートフォンに通知をしてくれる機能も実装。モーション通知ではスクリーンショットも撮影されるため、誰が「Nest Doorbell(Battery Type)」の前を通ったかも確認することができます。

モーション通知

「Nest Doorbell(Battery Type)」の本体サイズは、「Nest Hello」の高さ 11.6cm から 16.0cm になるなど、全体的に大型化。重量も「Nest Hello」の 122g に対し 206g と、バッテリーを搭載した分かなり重量が増しています。

また本体搭載カメラも、「Nest Hello」の HDR 対応 300 万画素(1,600 × 1,200)1/3 センサーから、HDR 対応 130万画素(1,280 × 960)1/3 センサーに変更。画角も 160° から 145° になるなど、カメラは全体的に若干スペックダウンされています。

とはいえ「Nest Doorbell(Battery Type)」は、ナイトビジョン機能ももちろん搭載。夜でもしっかりとカメラは動作します。

「Google Nest Doorbell (Battery Type)」はサブスクリプション型見守りサービス「Google Nest Aware」に加入しなかった場合、最大 3 時間のアクティビティ動画を、スマートフォンの「Nest」アプリや「Google Home」アプリなどから確認可能です。

「Nest Doorbell(Battery Type)」

「Nest Doorbell(Battery Type)」の特徴は名前の通りで、「Nest Hello」では未搭載だったバッテリーを搭載している点。「Nest Hello」はバッテリー未搭載だったため、有線電源を用意する必要がありましたが、「Nest Doorbell(Battery Type)」では単体で動作する仕様となりました。

ちなみに「Nest Hello」は、新製品の「Nest Doorbell(Battery Type)」発売に合わせて「Nest Doorbell(Wired)」に名称が変更されています。とはいえ「Nest Hello」改め「Nest Doorbell(Wired)」は、日本国内未投入です。

「Nest Doorbell(Battery Type)」はバッテリー駆動だけでなく、有線電源に接続しての運用も一応可能。例えばすでに家に設置されているチャイムの電源を流用することで、「Nest Doorbell(Battery Type)」のバッテリーが押されたら既存のチャイムを鳴らしつつ、スマートフォンや Google スマートディスプレイを通した応答が可能です。

ただし、「Nest Doorbell(Battery Type)」でも旧「Nest Hello」と同じく、必要な電源は AC 8 ~ 24V となります。日本国内で使用されている既存のチャイムの多くが、DC 5V 程度の電源を使用しているため、互換性がありません。

つまり「Nest Doorbell(Battery Type)」を有線電源で運用する場合、AC 8 ~ 24V 対応の電源を用意する必要があります。ご注意ください。

「Nest Doorbell(Battery Type)」のカラーバリエーションは “Snow” “Linen” “Ivy” “Ash” の 4 色展開ですが、日本国内には “Snow” の 1 色しか投入されません。本体価格は、税込み 23,900 円。

Snow
Linen
Ivy
Ash

Google ストア 商品ページリンク

「Nest Doorbell(Battery Type)」

Nest Doorbell (battery) – Google Store

「Google Nest Aware」

Google Nest Aware – 定期購入プラン- Google ストア

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。