Article headline Speakable markup example
Nothing Ear(1)

本日20時発売!スケルトンデザイン採用ワイヤレスイヤホン「Nothing ear (1)」

  • Nothing、新型ワイヤレスイヤホン「Ear(1)」をようやく本日 2021 年 8 月 27 日 20 時より日本国内で発売
  • 当初 2021 年 8 月 17 日発売予定だったのが 10 日も発売遅延
  • 本体価格税込み 12,650 円でまずは公式サイトを通して販売

すでに閉鎖されてしまったスマートフォンメーカー「Essential Products」の知的財産所有権を取得している英国のベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」は、当初 2021 年 8 月 17 日に日本国内発売としつつも “海外市場で需要が急激に上がっているため” 発売遅延としていた、同社初となる第一弾開発新型ワイヤレスイヤホン「ear (1)」を、本日 2021 年 8 月 27 日 20 時よりにようやく国内発売します。

「Nothing ear (1)」2021 年 8 月 27 日 20 日国内発売

4.7gの超軽量

パワフルな11.6mmドライバー

Sound by Teenage Engineering

アクティブノイズキャンセリング

最大34時間使用可能

¥12,650(税込)送料無料

8月27日(金)20時 発売予定

新型ワイヤレスイヤホン「ear (1)」は、本体価格税込み 12,650 円。まずは国内向け公式サイトを通して販売されていますが、国内 Amazon.co.jp や楽天市場を通しても販売される予定です。

「Nothing ear (1)」

「Nothing Ear(1)」

英国ベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」が 2021 年 7 月 27 日に発表した、同社初となる第一弾開発新型ワイヤレスイヤホン「ear (1)」は、デザイン性に優れ、ノイズキャンセリングやロングライフバッテリーなどに対応する多機能仕様ながら、なんとたったの税込み 12,650 円という安価な Bluetooth 対応ワイヤレスイヤホンです。

本体の柄の部分には、回路基板などの細部構造を覗くことができるスケルトンデザインを採用。タッチセンサーも搭載し、ジェスチャーコントロールをサポートします。

またその重量はわずか 4.7g と軽量で、人間工学に基づいたフィット感も演出し、見た目の美しさと着け心地が考慮された仕様となっています。また IPX4 防水もサポート。

「Nothing Ear(1)」

本体スピーカーには 11.6mm の大型ドライバーが採用され、低音から高音までバランスの取れたサウンド再生を実現。また Bluetooth 規格も v5.2 対応と、最新のワイヤレス規格となっています。Bluetooth コーデックは AAC と SBC をサポート。

本体には外音取り込みに対応した 3 つのマイクを搭載し、アクティブノイズキャンセリングにも対応。アクティブノイズキャンセリングは、飛行機内などでノイズを大幅カットするマックスモードだけでなく、音楽や映像コンテンツに集中できるライトモードなども搭載。

またアクティブノイズキャンセリングを OFF にすることで、「ear (1)」を付けたまま会話も可能です。

「Nothing Ear(1)」

「ear (1)」には、最大 5.7 時間連続運用が可能なバッテリーを搭載。さらに充電ケースは、「ear (1)」を約 5.5 回充電可能な大容量バッテリーを搭載します。そして、充電ケースはワイヤレス充電にも対応。

「ear (1)」専用のアプリも用意されるので、アプリを通してアクティブノイズキャンセリングの ON / OFF やジェスチャーコントロールのカスタマイズを行うことができるだけでなく、ソフトウェア更新ももちろん可能。

「Nothing Ear(1)」

Nothing 商品ページリンク

「Nothing ear (1)」

ear (1) ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。