Article headline Speakable markup example
Google Photos

特典拡大!iOS「Google フォト」Google One追加編集機能提供開始

  • 「Google フォト」の追加編集機能[ポートレートライト]など iOS 版「Google フォト」アプリでも利用可能に
  • ただし「Google One」メンバーシップ特典
  • また RAM 3GB 以上、iOS 14.0 以降の iOS デバイスが対象

Google は 2021 年 11 月 12 日、当初は Google Pixel スマートフォン限定機能として提供し、2021 年 2 月に有料クラウドストレージサービス「Google One」のメンバーシップ特典として Google Pixel 以外の Android デバイスにも提供を拡大した、オンラインフォトライブラリサービス「Google フォト」アプリの[ポートレートライト][カラーフォーカス(カラーポップ)][空]など追加編集機能特典を、ついに iOS デバイス向けにも提供拡大しました。

iOS 版「Google フォト」アプリにて利用できるようになった、「Google One」メンバーシップ特典の追加編集機能は、ポートレート写真のライト位置と明るさを調整できる[ポートレートライト]、ポートレート写真の背景をぼかして被写体を際立たせることができる[ぼかし]、人物写真の色を維持しながら背景をモノクロ化できる[カラーフォーカス(カラーポップ)]、最適な調整を提案してくれる[スマート提案]、画像全体の明るさとコントラストを強化できる[HDR]、写真に写る空の色とコントラストを調整できる[空]の、計 6 機能です。

「Google フォト」追加編集機能
[ポートレートライト]
ポートレート写真のライト位置と明るさを調整できる写真編集機能
[ぼかし]
ポートレート写真の背景をぼかして被写体を際立たせることができる写真編集機能
[カラーフォーカス(カラーポップ)]
人物写真の色を維持しながら背景をモノクロ化できる写真編集機能
[スマート提案]
最適な調整を提案してくれる写真編集機能
[HDR]
画像全体の明るさとコントラストを強化できる写真編集機能
[空]
写真に写る空の色とコントラストを調整できる写真編集機能

ただし「Google One」メンバーシップに加入しているすべてのユーザーの iOS デバイスで追加編集機能を利用できるわけではなく、RAM 3GB 以上、iOS 14.0 以降の iOS デバイスが対象となります。

Apple 公式は iOS デバイスの RAM 容量を公開していませんが、(確か)「iPhone SE(第 2 世代)」を含む「iPhone 8 Plus」以降の iPhone であれば 3GB RAM 以上を搭載しているので、今回 iOS 版「Google フォト」アプリに提供拡大された追加編集機能の対象となるはずです。

アプリリンク

iOS
Price: Free+

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。