Article headline Speakable markup example
SoftBank

ソフトバンク/ワイモバイル、携帯電話料金PayPay払い対応

  • ソフトバンク(LINEMO)/ ワイモバイル、携帯電話料金の「PayPay」支払いについに対応
  • 毎月送られてくる払込票のバーコードを「PayPay」アプリで読み取ることで支払い可能
  • ただし「PayPay ボーナス」などでの支払いは不可(PayPay 所定の手数料も発生)

ソフトバンクは 2022 年 1 月 19 日、MNO サービス「ソフトバンク」とオンライン契約限定プラン「LINEMO」、そして MVNO サービス「ワイモバイル」の携帯電話料金の、ソフトバンクグループ提供モバイル決済サービス「PayPay」での支払い対応を開始しました。

「ソフトバンク」「LINEMO」「ワイモバイル」の「PayPay」支払いは、払込票による携帯電話料金支払いを利用している場合に、毎月送られてくる携帯電話料金払込票のバーコードを「PayPay」アプリで読み取ることで、支払いが可能となります。ただし、「PayPay マネーライト」「PayPay ボーナス」「PayPay ボーナスライト」そしてクレジットカードの「PayPay」払いは不可で、チャージした「PayPay マネー」での支払い限定となります。

ソフトバンク携帯電話料金「PayPay」支払い

このほか、「ソフトバンク」「LINEMO」「ワイモバイル」の「PayPay」支払いは、「PayPay」所定の手数料も発生しするため、実際には携帯電話料金に手数料も上乗せされた額を支払うこととなります。

Source:ソフトバンク

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。