Article headline Speakable markup example
Google Maps

東京!「Google マップ」没入型デジタルマップ採用へ【Google I/O 2022】

  • Google、「Google マップ」に採用する没入型デジタルマップ発表
  • ストリートビューと航空写真を融合したデジタルマップ
  • 2022 年後半にロサンゼルス、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、そして東京で展開へ

Google は 2022 年 5 月 11 日、同日開催の開発者イベント「Google I/O 2022」にて、地図サービス「Google マップ」に採用する没入型デジタルマップを発表しました。

「Google マップ」の没入型デジタルマップは、ストリートビューと航空写真を融合し、さらに AI で調整されたリアルに近いデジタルマップです。没入型デジタルマップで街並みを見ることで、ランドマークやその周辺の環境などをより的確に確認できるようになります。

「Google マップ」没入型デジタルマップは、2022 年後半にロサンゼルス、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、そして東京で展開予定です。

また、「Google マップ」にて現在米国とカナダで提供している最も燃料効率の高いルートを表示してくれる省エネ経路機能を、ヨーロッパなどより多くの地域に拡大します。

省エネ経路

このほか「Google マップ」の有用性を拡大する取り組みの一環として、新しい「ARCore Geospatial API」が開発者向けに無料で提供されます。これにより、ストリートビューが利用できる場所にて、AR コンテンツを展開することができるようになります。

例えば NTT ドコモは、東京タワーなどのランドマークのストリートビューにて、ロボットとやドラゴンを用いた新しいゲームを構築中。つまり日本でも展開されます。

「ARCore Geospatial API」ゲーム

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。