Article headline Speakable markup example
Google Duo Meet

「Google Meet」と「Google Duo」統合へ

  • Google、ビデオ会議サービス「Google Meet」とビデオ通話サービス「Google Duo」の統合を発表
  • 2022 年 6 月中に「Google Duo」に「Google Meet」の機能追加
  • そして 2022 年後半には「Google Duo」は「Google Meet」に改名(統合)へ

Google は 2022 年 6 月 1 日、ビデオ会議サービス「Google Meet」とビデオ通話サービス「Google Duo」の統合を発表しました。

「Google Meet」と「Google Duo」の統合は、段階的に行われます。まず 2022 年 6 月中に「Google Duo」に「Google Meet」の機能が追加され、そして 2022 年後半には「Google Duo」が「Google Meet」へと改名(統合)され、「Google Meet」へと一本化される流れです。

「Google Duo」「Google Meet」統合へ

実際に「Google Duo」に追加される「Google Meet」機能は、以下の通り。

「Google Duo」に追加される「Google Meet」機能
  • 会議スケジュール機能
  • 会議中のチャット機能
  • ライブ共有コンテンツ機能
  • 最大通話可能数を現在の 32 名から 100 名に
  • 「Gmail」「Google カレンダー」「Google アシスタント」「メッセージ」などの他のツールと統合

Google Duo」は、2016 年の Google 開発者イベント「Google I/O 2016」で発表されそして提供開始された、Android と iOS 向けの個人間ビデオ通話サービスです。当初は Google アカウント不要で電話番号だけで利用できる点が利点とされ、その後 WEB 版「Google Duo」も提供されました。

また、当初の 1 対 1 通話から新たにグループ通話などの新機能が続々と追加されるなど、常に進化してきています。「Google Duo」といえば通話開始前から相手の様子が映し出される「ノックノック」機能が最大の特徴でしたが、あまり浸透しなかったようにも思えます。

Google Meet」は「Google ハングアウト」に変わるサービスとして、当初はビジネスサービス「G Suite(現 Google Workspace)」向けに提供されてきたオンライン会議サービスで、2020 年 5 月より一般でも利用できるようなっています。

ちなみに「Google I/O 2016」では、「Google Duo」と共に Google メッセンジャーサービス「Google Allo」も登場しましたが、こちらは 2019 年 3 月でサービス終了となっています。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。