Article headline Speakable markup example
Google Fi

「Google Fi」コロナで延期していた海外ローミング遮断停止措置を終了

  • 「Google Fi」が「新型コロナウイルス(COVID-19)」の影響を考慮して延期していた海外ローミング遮断停止措置を終了
  • 「Google Fi」は通常米国内で利用する必要があり、米外利用継続は 6 か月が上限
  • 継続利用する場合は米国内で一度通信を行う必要あり

Google が、主に米国で提供している MVNO サービス「Google Fi」。

「Google Fi」は米国サービスですが、世界 200 以上の地域の現地キャリアサービスと提携し、ローミングによる 4G LTE / 5G データ通信や国際電話サービスを提供している点が最大の特徴。2022 年 9 月現在、日本を含む世界 39 か国で次世代通信規格「5G」のデータ通信も提供されています。

ただし「Google Fi」は米国サービスということもあり、5 か月以上米国外の海外でローミング状態を継続し続けた場合、30 日以内に米国 IP アドレスで一旦通信利用しない限り、ローミングを遮断するという措置を設けています。不正利用防止はもちろんですが、そもそも海外ローミングのための契約料も相当なものなのでしょう。

しかし「Google Fi」は 2019 ~ 2020 年に発生した「新型コロナウイルス(COVID-19)」の影響を考慮して、2020 年前半辺りから海外ローミング遮断措置を停止し、当面延期していました。それから約 2 年半、ついに海外ローミング遮断措置が再開された模様です。

2022 年 9 月 28 日(水)、海外ローミング遮断措置の再開を示唆するメールが、「Google Fi」から私の元に届きました。

As a reminder, Fi’s Terms of Service require you to use our service primarily in the United States (territories not included), and it looks like you’ve been predominantly using Fi abroad. In 30 days, we’ll need to suspend your international roaming data capabilities unless you start using Fi in the United States again (territories not included). Your calls and texts will not be impacted.

Google Fi の利用規約では、主に米国内(地域は含まず)でサービスを利用することが求められており、海外で Google Fi を主に利用されているようですので、念のためお知らせします。30 日以内に米国内でFiのご利用を再開されない場合は、国際ローミングデータ機能を停止する必要があります(地域は含まれません)。通話とテキストには影響がありません。

ちなみにこの「Google Fi」の海外ローミング遮断措置は、米国外で勤務している軍人および国務省の職員には、例外措置が設けられています。私はもちろん米国に属さないため、例外措置を受けることはできません。大人しく「Google Fi」の海外ローミングを OFF にします。むしろ、使えないなら解約します。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。