太陽光発電の効率を数値化して表示する新プロジェクト「Project Sunroof」を発表

Google は、Google Map 上の建物の屋根への太陽光の量や日照時間などから太陽光発電の効率を数値化する新たなプロジェクト「Project Sunroof」を発表しました。

まずは米国のボストン、サンフランシスコの一部の地域、フレズノを対象に「Project Sunroof」の情報を見ることができるようになります。

「Project Sunroof」

「Project Sunroof」は建物の屋根への太陽光の量や日照時間などを表示しつつ、太陽光発電運用時に必要な太陽光パネルの枚数や実際の節約量などを測定してくれる便利サービスです。

まずは米国の一部地域でのサービス開始となりますが、2016 年から電力の自由化が始まる日本でも要注目のサービスと言えます。

「Project Sunroof」は専用サイトが用意されるようですが、8 月 18 日 2 時現在はまだエラーとなっています。

Source:Project Sunroof

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.