MotorolaとVerizon、世界初5層構造の割れないディスプレイを搭載した「Droid Turbo 2(XT1585)」を発表、10月29日より発売

Motorola と Verizon は、本日 10 月 27 日に行われた新型 Droid スマートフォン発表イベントにて、世界初 5層構造の割れないディスプレイを搭載した「Droid Turbo 2(XT1585)」を発表しました。

「Droid Turbo 2」のディスプレイは以前からの噂通り傷がつきにくく割れないディスプレイが採用されているのですが、その構造は、耐久力の高いアルミシャーシ、衝撃を吸収する AMOLED フレキシブルディスプレイ、落下などの衝撃吸収をサポートするデュアルタッチレイヤー、粉砕を防止するクリアなインテリアレンズ、傷などから守るハードコート仕上げのエクステリアーレンズ、の 5 層構造となっています。

Motorola でこのディスプレイ構造を「Moto ShatterShield」と名づけました。

ちなみに Motorola の調査では、スマートフォン所有者の 53% がディスプレイに傷が入っていて、更に 21% がディスプレイが粉々になっているとしています。

※調査は 9 月 29 日 〜 10 月 9 日まで、米国、英国、ブラジル、中国、メキシコ、インドにおいて、オンラインで行われ、そもで得た合計約 6,000 人の回答から結果を算出しています

「Droid Turbo 2」の基本スペックは以下のとおり。

  • OS:Android 5.1.1
  • サイズ:149.8 × 78 ×7.6 〜 9.2 mm
  • 重量:169g
  • ディスプレイ:5.4 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、AMOLED、Moto ShatterShield
  • プロセッサ:Snapdragon 810 MSM8994 Octa-core2.0GHz
  • RAM:3GB LPDDR4
  • 内部ストレージ:32 / 64 GB、microSD スロット搭載(〜 2TB)
  • リアカメラ:21MP、F/2.0、PD オードフォーカス、4 倍ズーム、4K ビデオ撮影
  • フロントカメラ:5MP、F/2.0、1.4um ピクセルサイズ、ワイドアングルレンズ
  • Wi-Fi:802.11a / b / g / n / ac
  • Bluetooth:4.1 LE
  • バッテリー:3,760mAh、TurboPower、ワイヤレスチャージング(PMA / Qi)
  • その他:防水
  • ベースカラー:Black Soft Grip、White Soft Grip、Grey Ballistic Nylon、Black Pebbled Leather
  • モバイルネットワーク
    • 2G:GSM850 / 900 / 1,800 / 1,900 MHz
    • 3G:WCDMA850 / 900, / 1,900 / 2,100 MHz、CDMA850 / 1,900 MHz
    • 4G:FDD-LTEB2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 13

スペックは以前より噂されてきた内容そのままで、Droid としては初めて Moto Maker によるカスタマイズにも対応します。

本体価格は $624 〜 です。

またイベントでは同時に、「Moto X Play」ベースの Droid「Droid Maxx 2(XT1565)」も発表されました。

価格は $384 〜 で、こちらも Moto Maker のよるカスタマイズ注文に対応します。

Source:Motorola

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください