RICOH、全天球カメラ「THETA」で撮影した360度動画を編集できる「THETA+ Video」を開発、まずはiPhone向けににリリース

RICOH は 12 月 22 日、同社の全天球カメラ「THETA S / M15」で撮影した 360 度動画を編集できるアプリ「THETA+ Video」を開発し、まずは iPhone 用に「THETA+ Video for iPhone」としてリリースしたことを発表しました。

「THETA+ Video for iPhone」は App Store からインストールすることができます。

 

「THETA+ Video for iPhone」では「THETA S / M15」で撮影した 360 度動画や専用アプリ「THETA+」で作成したタイムラプス動画にトリミングを行ったり視点を切り替えたり、動画の色調を変更したり BGM を挿入したりすることができます。

また 360 度動画内の視点を固定して Twitter や Facebook などの SNS に動画を投稿することも可能です。

Facebook、YouTube については 360 度動画のまま投稿でき、マウスでドラッグしたり VR ユニットを付けて 360 度動画を楽しむことができます。

 

今回の「THETA+ Video for iPhone」は第一弾としているので、恐らく Android などにも順次提供されると予想されます。

 

THETA+ Video
Price: Free

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください