Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

【Lenovo Tech World 2016】モジュラーデザインを採用したMotorolaの新シリーズスマートフォン「Moto Z /Moto Z Force」を発表

Lenovo は現地時間 6 月 9 日、サンフランシスコで開催されている「Lenovo Tech World 2016」いおいて、モジュラーデザインを採用した Motorola の新シリーズスマートフォン「Moto Z /Moto Z Force」を発表しました。

「Moto Z /Moto Z Force」はこれまでの噂通り、背面のモジュラージャックを利用した機能拡張が可能で、イベントではプロジェクター「Moto Insta-Share Projector」、スピーカーの「JBL SoundBoost」、バッテリーパック「Incipio offGRID Power Back」の 3 種類の拡張モジュール「Moto Mods」が発表されました。このほか様々なリアパネルに交換できる「Moto Style Shell」も発売されます。

「Moto Z /Moto Z Force」はサイズが異なりますが、「Moto Mods」は統一の物を流用可能です。またモジュールの装着はマグネットによるスナップ式で、簡単に脱着が可能です。

ちなみに「Moto Mods」はサードパティーメーカーにも開発用キットが提供され、様々な拡張モジュールが開発される予定となっています。

「Moto Z /Moto Z Force」共にメタルフレームを採用する前後フラット仕様のスマートフォンです。ただしリアカメラ部分は出っ張っているので、「Galaxy S6」のようなデザインとなっています。

また更なる特徴として、Motorola 製スマートフォンとしては初めて 3.5mm ミニステレオジャックが廃止されました。3.5mm ミニステレオジャックを利用したヘッドセットを利用する場合は、USB Type-C コネクタから付属のアダプタを介して接続します。

 

そもそも「Moto Z」と「Moto Z Force」の違いはサイズと重量のほか、リアカメラの解像度と、更には「Moto X Force」で採用された割れない 5 層構造ディスプレイ「ShatterShield」を採用しているかどうかです。「Moto Z Force」が「ShatterShield」を採用し、「Moto Z」は Gorilla Glass となっています。

基本的にはどちらも Snapdragon 820 プロセッサ、4GB RAM、5.5 インチ WQHD ディスプレイ搭載のハイスペックです。

 

Moto Z

Moto Z

  • OS:Android 6.0
  • サイズ:153.3 × 75.3 × 5.19 mm
  • 重量:136g
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、AMOLED、Gorilla Glass
  • プロセッサ:Snapdragon 820 Octa-core 2.2GHz
  • RAM:4GB
  • 内部ストレージ:32 / 64 GB
  • リアカメラ:1,300 万画素、F/1,8、1.12um pixel、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、8 倍デジタルズーム、バーストモード、オート HDR
  • フロントカメラ:500 万画素、1.4um pixel
  • Wi-Fi:802.11 a / b / g / n / ac
  • Bluetooth:4.1
  • バッテリー:2,600mAh
  • その他:指紋センサー、USB Type-C
  • カラー:Black with Lunar Grey トリム Black フロントレンズ、Black with Rose Gold トリム フロントレンズ、Fine Gold White フロントレンズ(Droid Editon)

防水ではありませんが表面に撥水コーティングがほどもされています。

米国では Verizon 向けに「Moto Z Droid Editon」として発売されます。

 

Moto Z Force

Moto Z Force

  • OS:Android 6.0
  • サイズ:155.9 × 75.8 × 6.99 mm
  • 重量:163g
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、AMOLED、ShatterShield
  • プロセッサ:Snapdragon 820 Octa-core 2.2GHz
  • RAM:4GB
  • 内部ストレージ:32 / 64 GB
  • リアカメラ:1,300 万画素、F/1,8、1.12um pixel、レーザーオートフォーカス、高速オートフォーカス(PDAF))、光学式手ぶれ補正、8 倍デジタルズーム、バーストモード、オート HDR
  • フロントカメラ:500 万画素、1.4um pixel
  • Wi-Fi:802.11 a / b / g / n / ac
  • Bluetooth:4.1
  • バッテリー:3,500mAh
  • その他:指紋センサー、USB Type-C
  • カラー:Black with Lunar Grey トリム Black フロントレンズ、Black with Rose Gold トリム フロントレンズ、Fine Gold White フロントレンズ(Droid Editon)

「Moto Z」に対し、リアカメラをスペックアップしてバッテリーも大容量となっています。

米国では Verizon 向けに「Moto Z Force Droid Editon」として発売されます。

 

「Moto Z /Moto Z Force」はまず米国の Verizon 向けに「Droid Edition」として夏に発売され、グローバルモデルは 9 月より発売される予定です。

また米国においてもこれまで「Pure Edition」として展開されてきた SIM フリーモデルが秋に発売される予定となっています。

 

Source:Motorola

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

モバイルスケジュール

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

ページ上部へ戻る