ASUS Japan、TangoとDaydreamに対応した新型スマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表、夏以降に発売

ASUS Japan は 4 月 13 日、CES 2017 で発表された「Tango」と「Daydream」に対応した新型ハイスペックスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」の国内投入を発表しました。今回の発表はあくまで国内投入の発表とバリエーション、価格、その他の仕様の発表となっただけで、詳しい発売時期については発表されていません。今のところは夏以降の発売です。

また「ZenFone AR」以外に国内投入が噂されている「ZenFone 3 Zoom」や「ZenFone Live」の国内投入は今回発表されませんでした。

ZenFone AR(ZS571KL)

https://www.youtube.com/watch?v=wOL9Kc31YFw&t=9s

「ZenFone AR」は世界初の「Tango」と「Daydream」をサポートしたハイスペックスマートフォンです。「Tango」はモーショントラッキングカメラや 3D 震度センサーによってカメラで撮影している範囲の深度などを認識し実空間の寸法を読み取ることができる技術を応用した Google プロジェクトです。「Daydream」は Google 新しい拡張現実プラットフォームで、専用の VR ヘッドセットを装着しつつ Bluetooth リモコンで操作を行います。

「ZenFone AR」は 5.7 WQHD ディスプレイに Snapdragon 821 プロセッサ、更に最大 8GB RAM 搭載と超ハイスペック仕様となる点が特徴。Android 7.0 初期搭載です。このほか5 マグネットスピーカーを搭載し、「Daydream」使用時の音響面も考慮されています。

同じく「Tango」対応の「Lenovo Phab 2 Pro」ではスマートフォン本体の厚さが 10.7mm となっている一方で、「ZenFone AR」ではカメラとセンサーを整理する ASUS 独自の「TriCam システム」を採用し、ハイスペックカメラとセンサーを搭載しながらも薄型に仕上げられています。

主要スペック

OSAndroid 7.0
サイズ158.67 × 77.7 × 4.6 ~ 8.95 mm
重量170g
ディスプレイ5.7 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、SAMOLED、Gorilla Glass4
プロセッサSnapdragon 821 Quad-core 2.35Ghz
RAM6 / 8 GB
内部ストレージ64 / 128 GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ2,300 万画素(Sony IMX318)、F/2.0
フロントカメラ800 万画素
Wi-Fi802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth4.2
バッテリー3,300mAh、Quick Charge 3.0
その他5 マグネットスピーカー、DTS Headphone:X、ハイレゾ音源再生、USB Type-C(2.0)、デュアル SIM(4G + 3G の DSDS 対応)
カラーCharcoal Black
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8
  • 4G(LTE Cat.12)
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 40 / 41

価格

日本に投入される「ZenFone AR」は “6GB RAM + 64GB 内部ストレージ” と “8GB RAM + 128GB 内部ストレージ” の 2 バリエーションです。価格は以下の通りとなります。 ※税抜き

6GB RAM + 64GB 内部ストレージ82,800 円
8GB RAM + 128GB 内部ストレージ99,800 円

性能と機能がかなり高いスマートフォンとなるだけに、価格もかなり高くなりました。

実際に「Daydream」はどうなる?

ちなみに Cardboard 型の VR ヘッドセットも同梱されますが、「Daydream」に必要不可欠となる肝心な Bluetooth リモコンについては特に言及されていません。そもそも「Daydream」はまだ日本に正式対応はしていないので、「ZenFone AR」が「Daydream」対応とはえい実際には国内では利用できない可能性もあります。

ただ「Daydream View」などを利用すれば「ZenFone AR」でも問題なく「Daydream」を利用できるはずです。問題は「Daydream View」を入手しなければいけないということで、今のところは輸入する以外に手はありません。「ZenFone AR」が発売される頃に国内でも「Daydream」が正式リリースされていればいいのですが。

Source:ASUS

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください