【レポート】「Gear 360(2017)」の Windows 用ソフトウェア「Gear 360 ActionDirector」は新バージョン(v2.0)が必要

先日入手した Samsung の新型 VR カメラ「Gear 360(2017)」ですが、Windows 用ソフトウェア「Gear 360 ActionDirector」を利用しようと思ったときにはまった話をレポートとしてお送りさせていただきます。「Gear 360(2017)」を輸入される方、輸入された方、そして VR 動画の撮影を行って Windows で編集を行おうと思っている方は必読です。

「Gear 360 ActionDirector」

通常、2 眼識の VR カメラで撮影した動画はそのままだと魚眼形式での丸形 UI × 2 となります。これを 1 枚にするには「正距円筒図法」形式に変換する必要があります。丸井地球を 1 枚の世界地図にするニュアンスです。

そして初代「Gear 360」では撮影した動画を自動で「正距円筒図法」形式に補正してくれる「Gear 360 ActionDirector」というソフトウェアが配信されています。この「Gear 360 ActionDirector」は CyberLink が提供するソフトウェアで、ダウンロード自体は無料で行うことが可能です。

ただし「Gear 360 ActionDirector」を利用するには初代「Gear 360」のパッケージに同梱される “プロダクトキー” が必要で、これでアクティベートしないと「Gear 360 ActionDirector」を利用することができなくなっています。

「Gear 360 ActionDirector」をアクティベートして利用できるようにすると、Windows に「Gear 360」をつないで「Gear 360」で撮影した動画を取り込むと、自動ですぐに「正距円筒図法」形式に補正してくれます。

この辺は Samusng やCyberLink のホームページで紹介されていたり、一般ユーザーがブログで公開してくれたりしているので簡単に情報として入手することが可能です。ちなみに私は「正距円筒図法」形式への変換と「Gear 360 ActionDirector」のアクティベートは知らなかったので、「Gear 360(2017)」入手後にいろいろ調べまくって上記の情報を知った次第です。

「Gear 360(2017)」に “プロダクトキー” が入っていなかった

で、到着した「Gear 360(2017)」で「Gear 360 ActionDirector」を利用しようとしたのですが、どこにも “プロダクトキー” が入っていない。。。パッケージをバラして探しましたが見当たりませんでした。

そのため購入元の ebay のセラーに問い合わせて “プロダクトキー” を送るように申し伝えたのですが、元から “プロダクトキー” は入っていないとの回答。Samsung のカスタマーセンターにもアホなふりして問い合わせてみたのですが、当然のごとく海外製品なので対応できないとの回答。「Galaxy Note7」は対応していたのに。

つまり「Gear 360 ActionDirector」が利用できない状態のまま積んでしまいました。

「Gear 360 ActionDirector」のバージョンアップが必要だった

そしたら ebay のセラーから改めて、「Gear 360 ActionDirector」起動時に「Gear 360(2017)」を PC につなぐか “シリアルナンバー” を入力すれば使えるようになるとの回答が送られてきました。「Gear 360(2017)」のアクティベート用 “プロダクトキー” の入力欄は 20 桁程度なのですが、シリアルナンバーなんてたった 11 桁です。

このセラーは一体何をトンチンカンなこと言っているのだろうと思ったのですが、そこでピン!ときました。もしかした「Gear 360(2017)」用に新しい Windows 用ソフトウェア配信されているのでは?と。

そして Samsung 韓国法人の WEB サイトを見てみたらその仮説が当たっていました。初代「Gear 360」は日本でも発売されているので「Gear 360 ActionDirector」が Samsung 日本法人の WEB サイトでも配信されています。しかし韓国サイトと比べてみると、やはりバージョンが違う。

日本サイト v1.0.0.2423
韓国サイト v2.0.1619

Samsung Korea:매뉴얼 다운로드

早速v2.0.1619 の「Gear 360 ActionDirector」をダウンロードしてインストールしてみたところ、セラーが言う通りのアクティベート画面となりました。そして無事に「Gear 360(2017)」で「Gear 360 ActionDirector」が利用できるようになりました。

しかも「Gear 360(2017)」では Windows 経由のライブ配信にも対応している模様です。「Gear 360(2017)」でのライブ配信は Android のみかと思ったのですが、実は違いました。

「Gear 360(2017)」でのライブ配信はまた改めて別の機会にレビューさせていただきます。

まとめ

現時点で「Gear 360(2017)」を輸入されている方がどの程度いらっしゃるのかはわかりませんが、日本で発売する前に輸入して利用しようとされている場合は今回の内容を是非参考にしていただければと思います。せっかく 4K での動画撮影もできるのに、それを「正距円筒図法」形式に補正したキレイな状態で編集したり YouTube や Facebook にアップロードできないのであれば意味ないですからね。

ちなみにv2.0.1619 の「Gear 360 ActionDirector」は韓国サイトでは日本語対応の旨の記載はありませんが、見ての通りちゃんと日本語化され、簡単に利用できます。ご安心あれ。

Samsung Korea:매뉴얼 다운로드

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

「【レポート】「Gear 360(2017)」の Windows 用ソフトウェア「Gear 360 ActionDirector」は新バージョン(v2.0)が必要」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.