撮影が楽しい「BlackBerry カメラ」の“ライブフィルター”【KEYone Tips】

当ブログが発信する【KEYone Tips】では、ついに国内でも予約が開始された「BlackBerry KEYone」を購入予定の方や海外からの到着を待っている方、購入を検討されている方、そして最近入手された方に知っておいてもらいたい機能をご紹介しています。

今回は「KEYone」のデフォルトカメラアプリ「BlackBerry カメラ」に実装されているフィルター撮影機能“ライブフィルター” です。

“ライブフィルター”

“ライブフィルター” は静止画撮影時に利用できるリアルタイムなフィルター撮影機能です。2017 年 6 月現在で 18 個のフィルターを利用することができます。

“ライブフィルター” は「BlackBerry カメラ」アプリを起動して、静止画撮影時に表示されるアイコンをタッチすることでフィルターの一覧が表示されるので、任意のフィルターをタッチすることでリアルタイムにそのフィルターが適用された状態の撮影画面に切り替わります。

そしてシャッターボタンを押せばそのまま写真撮影を行うことが可能。

こういった機能は Google Play ストアで配信されているサードパティー製のカメラアプリなどでも利用することはできますが、標準カメラアプリで利用できるのは嬉しいですよね。

マニュアルモードとの併用も

また“ライブフィルター” はマニュアルモード撮影との併用も可能です。例えばフィルターを適用した状態でフォーカスして接写撮影なんかも行うことができます。

シーンに応じていろんなフィルターを利用すると楽しいです。

「BlackBerry カメラ」は通常の静止画撮影や動画撮影の機能もちゃんとしているのですが、マニュアル撮影や HDR モード、そして今回の“ライブフィルター” など、標準機能としていろいろ搭載されているの結構楽しい撮影を行うことができます。

私個人としては「BlackBerry カメラ」が是非「BlackBerry Hub+」の仲間入りをして他の Android でも利用できるようになることにも期待したいところですが、現状 BlackBerry 製 Android でしか利用できないというのもプレミア感があって、それはそれで良いです。

これから「KEYone」を入手される方は是非今回ご紹介した “ライブフィルター” を利用して、いろんな撮影を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください