コンビニで販売されている「楽天ポイントギフトカード」を買ってみた【レポート】

コンビニで販売されている「楽天ポイントギフトカード」を買って、そして「楽天スーパーポイント」として受け取ってみました。

今回はそのレポートです。

「楽天ポイントギフトカード」

「楽天ポイントギフトカード」はコンビニで購入できプリペイドカードです。購入後にカードに記載されている PIN 番号を専用サイトに入力することで、購入額分と同じ「楽天スーパーポイント」を受け取ることができます。

要は「Google Play ギフトカード」や「Amazon ギフトカード」と同じ。

ちなみにコンビニなどで販売されている「楽天ポイントギフトカード」などのプリペイドカードはレジを遠さいないとアクティブにならない仕様で、万引き対策が施されているんですよね。

今回はそんな「楽天ポイントギフトカード」の、レジで購入金額を指定できる “バリアブルカード” を、ファミリーマートで購入してみました。

なぜ“バリアブルカード” にしたかというと、2017 年 8 月14 日まで、ファミリーマートとサークル K・サンクスで販売されている「楽天ポイントギフトカード」“バリアブルカード” を 10,001 円以上購入すると、700 円分の「楽天スーパーポイント」がプレゼントされるキャンペーンが行われているためです。

そもそも「楽天ポイントギフトカード」は購入したことがなかったので、この機会に購入してみたわけです。

ファミリーマートとサークル K・サンクスは 8 月 1 日より、「楽天ポイントギフトカード」の “バリアブ...
ファミリーマート「楽天ポイントギフトカード」10,001円以上購入で700ポイントプレ... - Jetstream BLOG

“バリアブルカード” 購入

「楽天ポイントギフトカード」“バリアブルカード” の実際の購入はそこまで難しくなく、店舗のラックに展示してあるカードを取ってレジへもっていき、レジスタッフに購入金額を言うだけです。

今回は 10,100 円分購入しました。(10,001 円という勇気がなかった…)

ちなみに定額の「楽天ポイントギフトカード」は 3000 円、5,000 円、10,000 円の 3 種類です。キャンペーンの恩恵を受けるには、“バリアブルカード” で 10,001 円以上を指定して購入する必要があります。

要は『10,001 円で』と言いづらい人の心理を付いた、上手いキャンペーンということですね。私はまんまと 99 円も余分に購入してしまいました。

電子マネーでの購入不可

購入時の注意点として、基本的にプリペイドカードは電子マネーで購入することができません。

私はそれを事前に知ってはいたものの、クレジット機能付「ファミマ T カード」を登録している Apple Pay(QUicPay)で購入しようとしたら見事にエラーとなり、最初は購入することができませんでした。

クレジット機能付「ファミマ T カード」なので実質的にはクレジットカードなのですが、「QUicPay」は電子マネー扱いとなるので、この場合も購入できなかった模様。

そのため「ファミマ T カード」をそのまま出して、クレジットカード決済で購入しました。

この辺は最初レジスタッフも首をかしげていたので、あまり認知されていないのかもしれないですね。

「楽天スーパーポイント」受け取り

とりあえず無事に「楽天ポイントギフトカード」を購入できたので、そのままコンビニのイートインコーナーで「楽天スーパーポイント」の受け取りをしました。

「楽天スーパーポイント」の受け取りは、まず「楽天ポイントギフトカード」をパッケージから剥がして、“PIN 番号” 部分を削って番号を表示し、“楽天スーパーポイント受け取り画面” の専用サイトを開いて「楽天 ID」でログインしてから、先ほどの PIN 番号を入力するだけです。

PIN 番号は 10 桁となります。

実際の受け取りは、ものの数分で完了。完了後はすぐに「楽天スーパーポイント」が「楽天 ID」に加算されました。

注意!

気を付けなければいけないのは、「楽天ポイントギフトカード」で受け取った「楽天スーパーポイント」は期間限定ポイントとなる点です。

そのため一般的に貯めた「楽天スーパーポイント」とは異なり、期間限定ポイントとして表示されます。そして期限は 6 カ月以内です。

6 カ月以内に受け取った「楽天スーパーポイント」を利用しないと失効となってしまいます。

また期間限定ポイントは「楽天 Edy」に交換することもできません

そのため「楽天スーパーポイント」は楽天や楽天トラベルなどの、楽天グループでのお買い物で消費する必要があります。

ただし、「楽天スーパーポイント」は期間限定ポイントでも「楽天ペイ」の支払いとしても利用できるので、例えば 8 月 1 日より「楽天ペイ」による支払いが可能となったローソンにおいて、今回追加した「楽天スーパーポイント」を「楽天ペイ」を通して消費することは可能。

よくローソンに行かれる方は、この消費の仕方がそれなりにオススメです。

こんにちは、Jetstream BLOG 管理人兼ライターの石井順です。2017 年 8 月 1 日より、全国のローソンで...
ローソンで「楽天ペイ」を利用して買い物をしてみた、使い勝手は微妙【レポート】 - Jetstream BLOG

まとめ

今回はキャンペーンでプレゼントされる 700 ポイント目当てに「楽天ポイントギフトカード」をファミリーマートで購入したのですが、私の場合、その使い先はローソンとなりそうです。

なかなか面倒な錬金術となりました。

最寄りの地域のファミリーマートかサークル K・サンクスがある方は、そこで「楽天ポイントギフトカード」を 10,001 円以上購入して受け取れば、それだけで 700 ポイントが後日プレゼントされるので、「楽天スーパーポイント」の消費先がある場合はキャンペーンを利用した方がお得です。

更にその「楽天スーパーポイント」を、2017 年 10 月 31 日までにローソンで利用すれば、今度は(1 回だけ)100 ポイントがプレゼントされますよ。

ローソンは 8 月 1 日より、ローソン店舗で 6 月 1 日より利用可能となって「楽天ペイ」をレジ精算時に...
ローソン「楽天ペイ」使用で100ポイントプレゼントキャンペーン実施中 - Jetstream BLOG

なかなか地味な錬金術ですが、こういうのって積もり積もれば結構な額になりますよね。

それを信じて、今後も様々な錬金術を活用していこうと思います。よかったら今回の内容も参考にしてみてください。

では。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください