Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

日本直送対応!「Essential Phone(PH-1)」が米Amazonで予約開始【追記】

米国の Amazon.com において、Android の生みの親 Andy Rubin 氏が立ち上げ米国企業 Essential が 5 月末に発表した同社初の Android スマートフォン「Essential Phone(PH-1)」の公式予約が開始されました。

発売予定は 9 月 1 日です。そしてなんと日本直送に対応しています!!!

ただしカラーは “ブラックムーン” のみです。予約は行われていませんが “ピュアホワイト” も一応ラインアップはされています。

入荷未定ですが “ピュアホワイト” の予約も開始されました。

「Essential Phone(PH-1)」

「Essential Phone」はかなり尖ったデザインの Android 7.1.1 搭載スマートフォンです。

まず目につくのはベゼルレスディスプレイで、単なるベゼルレスというわけではなく上部の通知バーの中央にフロントカメラ配置されるという、究極のベゼルレスデザインが採用されています。

また本体の素材はアルミでもステンレスでも、もちろんプラスチックでもなく、チタンを採用するというこだわりよう。

前後フラットなデザインでセラミック素材を採用した背面は鏡面仕上げとなっていますが、コンクリートへの落下テストにも耐えるなど、デザインと強度が両立した 1 台となっています。

そして更に背面には「Moto Z」シリーズのような専用モジュールを接続して機能を拡張できる磁気コネクタも搭載。まずは 4K 撮影や 30fps での 360 度動画配信などに対応した VR カメラ「360 Camera」が同時に発表されています。 ※Amazon ではまだラインアップされていません

「Essential Phone」の主要スペックはアスペクト比が 19:10 となる 5.71 インチ(2,560 × 1,312)の WQHD ディスプレイに Snapdragon 835 プロセッサ、4GB RAM というハイスペック構成です。

背面に F/1.85 レンズ採用の 1,300 万画素 × 2(RGB + モノクロ)デュアルカメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載し、USB Type-C コネクタと背面に指紋センサーも採用されています。内部ストレージは UFS 2.1 規格の 128GB です。

モバイルネットワークの対応周波数では FOMA プラスエリアとなる WCDMA Band 6 や CDMA2000、LTE でも Band 26 や 42 などといったかなりの数のバンドもサポートしています。

「Essential Phone」のカラーバリエーションは “ブラックムーン” “ステラーグレー” “ピュアホワイト” “オーシャンデプス” の 4 色で、公式本体価格は $699 です。

「Essential Phone」はこれまで公式サイトでのみ予約が行われていましたが、米国外への発送には対応していませんでした。

そのため今回 Amazon から国外に輸出できることとなり、恐らく全世界から予約が殺到すると予想されます。

主要スペック
OS
Android 7.1.1
サイズ
141.5 × 71.1 × 7.8 mm
重量
185g
ディスプレイ
5.71 インチ(2,560 × 1,312)WQHD、アスペクト比 19:10、Gorilla Glass 5
プロセッサ
Snapdragon 835 Octa-core 2.45GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
128GB UFS 2.1
リアカメラ
1,300 万画素カメラ × 2(RGB + モノクロ)、F/1.85
フロントカメラ
800 万画素、F/2.20
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,040mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、拡張モジュール用磁気コネクタ
カラー
ブラックムーン、ステラーグレー、ピュアホワイト、オーシャンデプス
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G
    • WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8
    • CDMA2000 B0 / 1 / 10
    • TD-SCDMA B34 / 39
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 17 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 66
    • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 43

本体価格と輸入総額

Amazon における「Essential Phone」の本体価格は公式と同じく $699 です。しかし Amazon は日本直送対応なのでかなり有力な直輸入経路となるかと思います。

現在の輸入概算総額は以下の通りです。 ※発売時の為替によって変動する可能性があります

Global Priority(2 ~ 4 営業日で到着)
$774.01(約 88,650 円)
Global Expedited(6 ~ 10 営業日で到着)
$768.19(約 88,000 円)
Global Standard(9 ~ 14 営業日で到着)
$761.96(約 87,250 円)

Amazon 商品ページリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. okazatt 2017.08.30 12:46am

    はじめまして、いつも更新を楽しみにさせていただいております。

    さて、こちらの記事を読んですぐにamazon.comで注文したところ、本日オーダーがいきなりキャンセルされていました。customer supportにメールしたところ、あっさり、こちらのミスだがキャンセルされた注文は復活できないので再注文するようにとのこと、5$のクーポンが発行されましたが、順番はだいぶ後になったと思います。楽しみにしていたのに残念です。愚痴を書いてしまい申し訳ありません。

  2. 石井 順
    石井 順 2017.08.30 12:58am

    okazatt さん、コメントありがとうございます。

    Amazon の注文が理由もなくいきなりキャンセルされるなんてことあるんですね。

    無事に発売日に出荷されることを祈ります。

PR 記事

モバイルスケジュール

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

ページ上部へ戻る