Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

「SmartBoy」に「KEYone」に接続して遊ぶ設定方法【KEYone Tips】

Android をゲームボーイ化するガジェットケース「SmartBoy」を、「BlackBerry KEYone」で利用したいと思っている方も多いかと思います。

そんなコアなファンのために、「SmartBoy」を「KEYone」に接続して遊ぶ設定方法をご紹介させていただきます。

なぜわざわざ?

今回なぜわざわざこんな【KEYone Tips】記事を公開しているかというと、「SmartBoy」に「KEYone」を装着しようとしたところ、当初ボタンが反応せずに利用できなかったからです。

私は「KEYone」を無駄に 2 台持っているので 2 台共に試してみたのですが、2 台共同じ症状でした。つまり「SmartBoy」は「KEYone」に最適化されていないわけですね。

手持ちの「Pixel XL」では「SmartBoy」を問題なく遊べていたので「KEYone」は潔く諦めようかと思ったのですが、“もしや?” と思うことがありダメ元で試してみたら見事にその方法が的中し、そして「SmartBoy」を「KEYone」でも利用できるようになったのです。

「KEYone」で遊べるようにする方法

「SmartBoy」を「KEYone」で遊べるようにする方法は、ゲームを動作させるためのエミュレーターアプリ「My OldBoy!」側のキーマッピングを変更するだけです。

「KEYone」用にキーマッピングを上書きするだけで遊べるようになります。

エミュレーターアプリ「My OldBoy!」がなぜ必要なのかは、以下のレポート記事を参照してください。

「My OldBoy!」アプリのキーマッピング設定は、まず「My OldBoy!」アプリを開いて右上のレンチアイコンをタッチし、そして “Input” → “Key mappings” とタッチして進みます。

変更するキーマッピングは、“Select” “Start” “Button A”“Button B” の 4 つです。十字キーは機能するので変更する必要はありません。

実際に変更する方法は、変更する項目をタッチして入力受付状態にし、その状態で「SmartBoy」のコントローラーのキーを押します。

これを“Select” “Start” “Button A”“Button B” の 4 回行います。たったこれだけで終了です。

がしかし、“Select” “Start” “Button A”“Button B” のキーマッピング変更が終わったら、右上の戻るアイコンをタッチしてはいけません

この戻るアイコンをタッチしてしまうとせっかく変更したキーマッピングが初期化されてしまうんです。

そのためナビゲーションボタンの戻るアイコンから戻る必要があるのですが、「KEYone」を「SmartBoy」に接続している状態では思いっきり隠れてしまっているので押すことはできません。

なのでキーマッピングを変更したら「KEYone」をスリープ状態にして一旦「SmartBoy」から外し、ナビゲーションボタンの戻るアイコンでトップまで戻ってください。

そして改めて「SmartBoy」に「KEYone」を装着します。いや「KEYone」に「SmartBoy」を装着します。

あとは「KEYone」でいろんなゲームを楽しんでください♪

まとめ

ちなみに冒頭の方で「SmartBoy」が「KEYone」に最適化されていないと言いましたが、最適化されてました。

「SmartBoy」の開口部分が「KEYone」の指紋センサーにバッチリ合っていたので(笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る