iOS版「Google マップ」でようやく距離の計測機能が利用可能に

2017 年 9 月 7 日に iOS 版「Google マップ」アプリが v4.36 にアップデートされ、Android やデスクトップ版「Google マップ」でだいぶ以前より利用ができていた “距離の計測” 機能がようやく利用できるようになりました。

“距離の計測”

「Google マップ」の “距離の計測” 機能は、任意の地点から任意の地点までの距離を計測できる便利機能です。

通常「Google マップ」ではスポット間やスポットと現在地点の距離をナビゲーションを利用して簡易的に計測することはできますが、“距離の計測” では任意の地点間の直線距離や道に沿った距離など、かなり細かく計測することができます。

実際に “距離の計測” を利用する方法は、マップ上で距離計測開始地点を長押ししてピンをうち、ピンを打った地点の情報を画面したから上にドラッグして表示し、その情報内に表示される “距離の計測” をタッチします。

距離計測モードになるので、画面をドラッグして移動させながら、画面右下の “+” アイコンか “地点を追加” をタッチしつつ、線を伸ばしていきます。

すると追加した地点までの距離が産出されていき、画面左下に表示されます。

画面右上の戻る矢印アイコンをタッチすることで、一個前の地点に戻って地点の追加をやり直すことも可能。

“距離の計測” の基本的な使い方はこれだけです。

ウォーキングやランニング用に事前に距離を調べたりするのに便利な機能なので、是非利用してみてください。

アプリリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください