KDDI、1つの電話番号をスマートフォンとウェアラブルで共有できる「ナンバーシェア」を提供開始

KDDI は 2017 年 9 月 13 日、1 つの電話番号をスマートフォンとウェアラブルで共有できるオプションサービス「ナンバーシェア」を、9 月 22 日から提供開始すると発表しました。

「ナンバーシェア」

「ナンバーシェア」は昨夜 Apple から発表された「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」と「Apple Watch Series 3」発売に向けた新しいオプションサービスです。

また NTT ドコモから同じタイミングで発表された「ワンナンバーサービス」と、基本的には同じ内容となります。

新たに LTE に対応し、単体での電話と通信に対応した「Apple Watch Series 3」と併用することで、スマートフォンに掛かってきた電話を「Apple Watch Series 3」などのセルラー機能対応スマートウォッチで受けることができたり、スマートウォッチ単体での通信ができるようになります。

料金

「ナンバーシェア」の利用料金は月額 350 円(税抜き)と、NTT ドコモの「ワンナンバーサービス」よりも安価です。

また登録手数料も発生しない模様。

KDDI では 2017 年 12 月 31 日までに「ナンバーシェア」を申し込むと、基本使用料が最大 6 カ月間無料となるキャンペーンも実施します。

注意

「ナンバーシェア」はNTT ドコモの「ワンナンバーサービス」と同じく指定の料金プラン(データチャージオプション or データシェア)の加入が必須です。

またスマートフォンと番号を共有するスマートウォッチは固定となる模様で、元々「ナンバーシェア」を利用していたスマートフォンから別のスマートフォンに変更する場合や、スマートウォッチを変更する場合など、オプション契約を解除する必要があります。

Source:KDDI

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください