「Google Wifi」アプリが完全日本語化、アダルトサイトブロック機能も実装

Google が 2016 年に発表しそして同年末に海外で発売したホーム Wi-Fi「Google Wifi」の専用コンパニオンアプリがアップデートされ、ついに完全な日本語表示をサポートしました。

「Google Wifi」アプリは以前一部のページが日本語表示に対応していたのですが、今回のアップデートで完全な日本語化となっています。

日本では未発売の Google ブランド Wi-Fi ルーター「OnHub」や「Google Wifi」を管理するためのスマート...
「Google Wifi」アプリが一部日本語に対応していた、日本にも投入?【レポート】 - Jetstream BLOG

ちなみに「Google Wifi」アプリは Android 版と iOS 版がありますが、今のところ日本語化は iOS 版アプリ v2.5.1 にて実装されています。

「Google Home」に続いて「Google Wifi」の日本発売もあるのかもしれないですね。

アダルトサイト一括ブロック機能追加

今回の「Google Wifi」アプリアップデートでは、「ファミリー WiFi」利用時のアダルトサイト一括ブロック機能も追加されました。

そもそも「ファミリー WiFi」は「Google Wifi」ネットワーク環境下において、指定した端末や指定した端末群の “グループ” に対し、Wi-Fi 通信を ON / OFF にしたりすることができる簡易フィルタリング機能です。

例えば夜の数時間だけ子供用タブレットに対して Wi-Fi 電波を供給するなど、「Google Wifi」側で簡単なフィルタリング設定を行うことができます。

そして今回のアップデートではこの「ファミリー WiFi」の設定項目に、アダルトサイトの一括ブロック機能が実装され、利用できるようになりました。

アダルトサイトの一括ブロック機能は、実際には Google のセーフサーチ機能を「Google Wifi」環境下で強制的に ON にできる機能となります。

「ファミリー WiFi」は「Google Wifi」に接続している機種ごとに設定したり、接続している機種をひとまとめにしてグループ化し、そのグループに対して ON / OFF ができるので、子供に分け与えている機種にのみ設定を行うことなどが可能です。

設定もそこまで難しくないので、是非「Google Wifi」の国内発売が実現して欲しいところですね。

アプリリンク

Android
Price: Free
iOS
Price: Free

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください