Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Sony、Android搭載コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表

Sony は 2017 年 10 月 17 日、Android 7.1 を搭載したホームコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(G1209)」を発表しました。

「Xperia Hello!」は 149,880 円(税抜き)で、11 月 18 日より発売されます。

「Xperia Hello!(G1209)」

「Xperia Hello!」はカメラと液晶ディスプレイを搭載し、音声だけでなく顔認識機能搭載でユーザーの顔を認識して的確な情報を自動で発信もしてくれるコミュニケーションロボットです。

「Google Home」のような据置型ではありますが、自発的に情報を発信してくれたり、カメラを利用した見守り機能も利用できる点が特徴となっています。

まず基本的な機能では “ハイ エクスペリア” と話しかけて質問などをすることでその答えを返してくれるコミュニケーション機能が実装されています。これは「Google アシスタント」のようなアシスタント機能です。

情報を返してくれるだけでなく、リマインダーやカレンダースケジュールなどの音声登録を行うこともできます。

更に搭載されているカメラによってユーザーを認識してパーソナルな情報を発信してくれるインフォテインメント機能、そして家の中を撮影することで外出先から家の様子を確認できる見守り機能も利用することが可能。

コミュニケーション機能では「LINE」や「Skype」と連携し、メッセージの送信から音声、ビデオ通話を開始することもできるようになっています。

インフォテインメント機能ではユーザーの顔を認識して、そのユーザーにあったニュース、交通情報、天気予報、リマインダー、カレンダースケジュール、メッセージを自動的に発信してくれます。

ビデオメッセージを録画しておいて、対象ユーザーが「Xperia Hello!」の前を通ってユーザー認識されたら、自動で録画されたビデオメッセージが再生される、インフォテインメント機能を応用した機能も利用することができます。

見守り機能は、スマートフォンの「LINE」上で「Xperia Hello!」アカウントにメッセージコマンドを送信したりカメラボタンをタッチすることで、即座に家の様子をカメラで写して返してくれたり、家に誰が何分前に居たかなどを返してくれます。

また「Xperia Hello!」自体は 340 度の回転に対応し、カメラ部分も上下左右の回転をサポートしているので、広域の確認や撮影が可能です。

主要スペック

OS
Android 7.1 Nougat
サイズ
Φ111 × 216 mm
重量
1,085g
ディスプレイ
4.55 インチ(1,280 × 720)HD、IPS
プロセッサ
Snapdragon 650 Hexa-core 1.8GHz
RAM
3GB
内部ストレージ
32GB
カメラ
1,320万 万画素 CMOS Exmor RS for mobile
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
4.2
バッテリー
2,300mAh
センサー
加速度、地磁気、GPS、ジャイロ、照度、気圧、気温、湿度、人感
その他
USB Type C(データ転送用)

Source:Sony

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

オススメ商品 & 広告







ページ上部へ戻る