「Google Wifi」の販売国が拡大、12カ国に

Google が 2016 年に海外で発売したホーム Wi-Fi「Google Wifi」の販売国を拡大した模様です。

「Google Wifi」はこれまで米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの 7 カ国で販売されていたのですが、新たにデンマーク、フィンランド、オランダ、ノルウェー、スウェーデンの 5 カ国が追加され、全 12 カ国となりました。

残念ながら日本は含まれていません。

「Google Wifi」はメッシュネットワークを構築できるホーム Wi-Fi ルーターです。

「Google Wifi」だけでな「OnHub」ともメッシュネットワークを構築することが可能。

また専用コンパニオンアプリから Wi-Fi 電波を優先的に送信する機種を、時間限定で設定したりすることもできます。

更に最近ではコンパニオンアプリの完全日本語化が行われるなど、日本での発売も期待されていました。 ※今のところ iOS 版アプリのみ

残念ながら「Google Wifi」はまだ日本での発売は行われていませんが、米国の Amazon から簡単に直輸入することは可能です。

アプリの日本語化も行われているのでセットアップも大分楽になっています。興味ある方は是非輸入してみてください。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

「「Google Wifi」の販売国が拡大、12カ国に」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。こちらのWEBを参考にさせていただいて、
    google WiFi導入いたしました。
    うちはマンションなので、周りの混線に難儀していたのですが、
    このWIFI、結構オラオラ系なのか周りを寄せ付けず,
    パケ詰まりもなく、大満足です。
    うちもAUのHGW経由なので、ブリッジモードとかDMZとか色々情報を集めていたのですが、
    何もしてないのにNATで動いてます。これがダブルNATって言うやつでしょうか。
    とりあえず、これで様子を見てみます。
    …導入時のウエルカムメールも日本語なんですね。早くアプリを完全に日本化してほしいです。
    導入済みなので、売って欲しくないですが(笑

  2. tatu- 様、コメントありがとうございます。

    Google WiFi はオラオラ系なんですね(笑)
    年末に Daydream が国内で提供開始されることもあるので、もしかしたらその時に一気に Google 製品が国内に投入されるかもしれないですね。

    あくまでも予想ですけど。

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください