Sony、GoogleアシスタントビルトインBluetoothスピーカー「LF-S50G」を12月9日に発売

Sony は 2017 年 10 月 26 日、IFA 2016 で発表した「Google アシスタント」ビルトインBluetooth スピーカー「LF-S50G」を、国内で 12 月 9 日に発売すると発表しました。

既に Sony ストアなどで予約も開始されています。価格は 24,880 円(税抜き)で、カラーは “ブラック” “ホワイト” “ブルー” の 3 色です。

「LF-S50G」

「LF-S50G」は「Google Home」と同じような形状で、360 度方向に楽曲再生ができる 8W モノラルスピーカーを搭載します。

スピーカーサイズはサテライトスピーカーが 48mm、サブウファーが53mm です。

基本的な機能は「Google Home」と同じく、音声コントロールが可能な Bluetooth スピーカーで据置型ですが、本体前面に時計表示部分を搭載し、更に IPX3 レベルの防水にも対応します。

例えば「LF-S50G」をキッチンにお置いて音声コントロールでレシピを確認しながら時計も確認つつ料理ができたりするわけです。

このほか本体上面は「Google Home」と同じくタッチセンサー搭載で、タッチによる楽曲の再生 / 停止操作も可能。

更に Sony らしく NFC を搭載し、非接触によるペアリングも行うことができます。

Chromecast の音声制御や IoT 照明機器の音声制御など、こちらも「Google Home」と同じく可能です。「Google Home」というよりも「Google アシスタント」の機能ですね。

更に「LF-S50G」は発売後のアップデートで、周りの環境に合わせた自動音量コントロール機能も実装される予定となっています。

「LF-S50G」の価格は €200 で、11 月より英国、ドイツ、フランスなどでも発売される予定となっています。

Source:Sony

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください