「Google Keep」チェックボックスメモでインデントを利用する方法【レポート】

先日 iOS 版「Google Keep」アプリが v2.2018.22103 へとアップデートされ、チェックボックスメモにおけるインデント機能のサポートが開始されましたが、残る Android 版アプリと WEB 版でもインデントが利用できるようになりました。

Android
WEB

インデント

インデントは文字列において、任意の文字や段落の開始位置を移動する機能です。

要は親に対する子を表示できるようになります。以下のような感じに。

    • 子①
    • 子②
    • 子③

「Google Keep」のチェックボックスメモにおいて、メイン(親)リストアイテムに対してサブ(子)リストアイテムを作成できるようになったわけです。

実際にインデントを利用する方法は、単にインデントする子リストアイテムをスワイプするのみです。

ただし親リストアイテムがないとインデントができないので、一番上の親リストアイテムはインデントできません。

またインデントした場合、親リストアイテムにチェックを入れると、子リストアイテムにも自動でチェックが入るようになります。

子リストアイテムのみではもちろん個別チェックが可能です。

アプリリンク

Android
iOS
WEB
Google Keep

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください