Fossilの第4世代Wear OS「Q Venture HR」が国内発売

Fossil が 2018 年 8 月 7 日に国内投入を発表した、同社の第 4 世代 Wera OS ウォッチ「Q Explorist HR」「Q Venture HR」のうち、「Q Venture HR」の一部モデルが Fossil 公式サイトで予定通り発売された模様です。

「Q Venture HR」はケースサイズ 40mm のレディースモデル。

発売されたのは型番「FTW6011P」の “ローズゴールドトーンステンレススチール + ラインストーン”、型番「FTW6017P」の “ステンレススチール”、型番「FTW6018P」の “ローズゴールドトーンステンレススチール” の計 3 モデルとなります。

価格はいずれも税込み 43,200 円です。

FTW6011P Q VENTURE HR ローズゴールドトーンステンレススチール + ラインストーン
FTW6017 Q VENTURE HR ステンレススチール
FTW6018 Q VENTURE HR ローズゴールドトーンステンレススチール

「Q Explorist HR /  Q Venture HR」

「Q Explorist HR」「Q Venture HR」はその名の通り、第 3 世代モデル「Q Explorist」「Q Venture」の後継モデルです。

「Q Explorist HR」は前作のデザインと酷似した 3 ボタン仕様ですが、「Q Venture HR」は前作の 1 つボタン仕様から「Q Explorist HR」と同じ 3 つボタン仕様に変更されています。

ケースサイズは「Q Explorist HR」が 45mm でメンズサイズ、「Q Venture HR」が 40mm でレディースサイズです。薄さは前作の 14mm から 1mm 薄い 13mm となっています。

バンド幅は「Q Explorist HR」が 22mm、「Q Venture HR」が 18mm。

新型の「Q Explorist HR」「Q Venture HR」では主に機能面が進化していて、GPS、NFC、心拍センサーが新たに実装されました。

特に GPS と NFC は Fossil 製 Wear OS としては初搭載です。

主要スペックは前作から大きく変更はされておらず、Snapdragon Wear 2100 プロセッサ、4GB 内部ストレージ搭載です。RAM については不明ですが、恐らく「Fossil Q Control」と同じ 768MB と予想されます。

このほか防水対応ですが、「Fossil Q Control」の 5 気圧防水ではなく 3 気圧防水仕様となっています。

主要スペック

OS
Wear OS
サイズ
  • Q Explorist HR:ケース 45mm、薄さ:13mm、バンド幅:22mm
  • Q Venture HR:ケース:40mm、薄さ:13mm、バンド幅:18mm
プロセッサ
Snapdragon Wear 2100
RAM
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
Bluetooth
バッテリー
ワイヤレス充電(Qi)
その他
3 気圧防水(生活防水)、心拍センサー

Fossil 商品ページリンク

「Q Venture HR」“ローズゴールドトーンステンレススチール + ラインストーン(FTW6011P)”
Q VENTURE HR ローズゴールドトーンステンレススチール ジェネレーション4スマートウォッチ
「Q Venture HR」“ステンレススチール(FTW6017P)”
Q VENTURE HR ステンレススチール ジェネレーション4スマートウォッチ
「Q Venture HR」“ローズゴールドトーンステンレススチール(FTW6018P)”
Q VENTURE HR ローズゴールドトーンステンレススチール ジェネレーション4スマートウォッチ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください