個人輸入失敗!不良品「Surface Go」を速攻返品【レポート】

こんにちは、Jetstream BLOG 管理人兼ライターの 石井順 です。

今回は久しぶりに個人輸入の失敗談をお送りします。

狙っていた「Surface Go」を

米国 Amazon.com で 7 月に行われた Prime Day にて、「Essential Phone」を紹介しまくって稼がせてもらったポイント「Amazon Gift Balance」が 9 月に入ってたっぷり入ってきたので、外出時のブログ執筆用として実は以前から狙っていた「Surface Go」8GB RAM モデルを手配しました。

そして到着。

ブルーカラーのタイプカバーも合わせて手配していたのですが、タイプカバーは Amazon 出品、「Surface Go」は定価 & 日本直送対応のマーケットプレイス出品ということもあり、先にタイプカバーが届き、その翌日に「Surface Go」が到着。そんな経緯です。

で、そのときはまだ気づきもしませんでした。。。

おや?

この程度の箱のダメージは、輸入品ではあるある。個人的にも箱が凹んでいる程度でカッとなる性格ではないし、中身が無事なのであれば全く問題ないので、このときはまだ何も気にしていませんでした。

ということで開封。

おや?丁度ヘッドホンジャック部分がなにやら怪しい。

ディスプレイが割れているとかではないですが、箱の凹みの衝撃が「Surface Go」本体にも影響を与えている予感。

写真では分かりづらいですが、明らかにフレームが凹んでいました…orz

『やられた、不良品だ!』

ディスプレイまで割れているというわけではないですが、フレームが思いっきり凹み、フレームとディスプレイのちょっとした隙間が凹み部分ではほぼなくっています。

ガジェットから家具まで、毎年いろいろと輸入している私ですが、今回のような明らかな不良品はかなり久しぶり。

かなり待ち遠しかった商品なので、心まで凹みました。まだしばらく「Razer Blade Stealth」を持ち運ぶ日々が続くのかと思うと。。。

速攻返品

今回幸いだったのは、購入元が Amazon で、直輸入にも対応していたのでバッチリ保証が適用されるということです。

転送輸入の場合も本体の保証は効きますが、米国 ~ 日本の送料までは保証されません。しかし今回はマーケットプレイス出品とはいえ日本直送に対応していたので、返送の送料まで含めて保証されます。

ただ残念なのが、マーケットプレイス出品の場合は返品交換ができず、一律全額返金となってしまう点。

Amazon 出品であれば返品交換が可能なのですが、今回の「Surface Go」は返品すると全額 + 返送送料を返金してもら流れとなります。「Amazon Gift Balance」を使用して購入している場合は、もちろん「Amazon Gift Balance」で返金されます。

なので新たな「Surface Go」は改めて購入手配する必要があるということ。改めて「Amazon Gift Balance」を使用して購入したいので、返金を待つ必要があるということです。

めんどくさい。でも泣き寝入りはしたくないので即日 EMS(国際郵便)で返送しました。

ちなみに Amazon は国内外を通して返品方法が同じなので、そういう意味でも個人輸入初心者には優しいですよね。

ちなみにちなみに、リチウムイオンバッテリー搭載品は容量の制限はあるものの、スマートフォンやタブレット程度であれば 2018 年現在も EMS での返送が可能です。

何気に EMS のリチウムイオンバッテリー搭載品輸出が解禁されて 5 年も経過してるんですね。

対象国にもよりますが、基本的に EMS は輸送期間が短く、そして何より FedEx や DHL などを比べると圧倒的に安価です。なので EMS で送ることができるのであれば絶対に EMS を選択すべき。

輸出については個人輸入に慣れている方でもあまり知らない場合があるので、覚えて置くといざというときに役立ちます。伝票作成とか若干厄介ですが、EMS はマイページ機能もあって WEB で配送伝票と輸出用のインボイスを作成することも可能なので、実際の返送に掛かる手間も大分短縮できるはず。

まとめ

何事もそうですが、イレギュラーなことが生じても落ち着いて対応することが大事です。

今回の不良品「Surface Go」はかなり心にダメージを受けたのですが、それを引きずることはせずに速攻返送しました。

恐らく来週中には Amazon.com の返品センターに到着し、受領されれてばすぐに全額返金されるので、それを使って改めて「Surface Go」を手配しようと思います。

しかしほんと、こういうのって疲れますよね。まぁ、一つのブログネタが増えたと思って、がんばります。

では。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください