Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Google、Wear OSの新しいシステムバージョン“H”を発表

Google は 2018 年 11 月 15 日、ウェアラブル Wear OS のコミュニティー内で、新しいシステムバージョン “H” を発表しました。

Wear OS の新しいシステムバージョン “H” は、今後数カ月にわたって対象機種に順次配信される予定です。ただし対象機種については今のところ発表されていません。

Wear OS システムバージョン “H”

Wear OS の新しいシステムバージョン “H” は、主に 4 つの新機能が追加されます。

新機能は、新しいバッテリーセーバーモード、ディープスリープモード、Smart App Resume、2 ステップ電源 OFF オプション、です。

新しいバッテリーセーバーモード

新しいバッテリーセーバーモードはこれまでのバッテリーセーバーモードから更新され、更にバッテリー消費量を抑えることができるようになります。

またバッテリーが 10% を下回った場合、通信などが OFF になり、時計表示のみに切り替わります。

ディープスリープモード

ディープスリープモードは、30 分以上 Wear OS ウォッチを触らない状態が続いた場合に休止状態となり、バッテリー消費量を節約します。

休止状態でどこまでの機能が利用できるかは不明。

Smart App Resume

Smart App Resume は、アプリの使用を中断したあとに再開する場合、中断した部分から利用することができるようになる機能です。

具体的な仕様は公開されていません。

2 ステップ電源 OFF オプション

これまで Wear OS の電源を OFF にする場合、システム設定から電源 OFF を選択する必要がありましたが、新たな 2 ステップ電源 OFF オプションでは電源ボタンを長押しした場合に、電源 OFF と再起動のメニューが表示され、選択した方を即座に実行できるようになります。

要は Android スマートフォンの電源 OFF オプションと同じような仕様になるわけです。

Source:Wear OS コミュニティー

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る