恵安、国内初Android Go搭載タブレット「KI-R7」と「KI-R10」発表

恵安は 2019 年 1 月 10 日、同社ブランドの Android タブレット「KI-R7」と「KI-R10」を発表しました。

「KI-R7」は 7 インチ、「KI-R10」は 10 インチサイズの Android タブレットです、共に 1 月 26 日より発売されます。

KI-R10

「KEIAN KIKI-R7 / 10」

「KI-R7」と「KI-R10」は共に Android 8.1 を搭載するタブレットですが、7 インチの「KI-R7」は Android 8.1 ベースの軽量 OS「Go Edition」を搭載します。実質的に国内初となる「Android GO Edition」搭載機種です。(「KI-R10」は「Go Edition」ではない模様)

サイズとバッテリー容量など以外は「KI-R7」と「KI-R10」でスペックは共通していて、Rockchip RK3126C Quad-core プロセッサ、1GB RAM、8GB  内部ストレージ、200 万画素リアカメラ、30 万画素フロントカメラを搭載。

内部ストレージが 8GB とかなり小容量ですが、microSD カードスロットを搭載しているのでなんとかなるでしょう。

ディスプレイは 7 インチの「KI-R7」が 1,024 × 600 ピクセルの XGA、10 インチの「KI-R10」が  1,280 × 800 ピクセルの WXGA 解像度 IPS 液晶を搭載しています。

カラーバリエーションは共に “ダークネイビー” のみ。

特に特記するような機能などはありませんが、やはり国内初の「Go Edition」という点は気になります。

価格は今のところ不明。

主要スペック

OS
  • KI-R7:Android 8.1(Go Edition)
  • KI-R10:Android 8.1
サイズ
  • KI-R7:189.5 × 109 × 9.2 mm
  • KI-R10:244 × 172 × 9.2mm
重量
  • 250g
  • 512g
ディスプレイ
  • 7 インチ(1,024 × 600)XGA、IPS
  • 10 インチ(1,280× 800)WXGA、IPS
プロセッサ
Rockchip RK3126C Quad-core
RAM
1GB
内部ストレージ
8GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
200 万画素
フロントカメラ
30 万画素
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.0
バッテリー
  • KI-R7:2,500mAh
  • KI-R10:5,000mAh
その他
micro USB
カラー
ダークネイビー

Source:恵安

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください