3社VoLTE対応「Wiko g08」がAmazonで17,820円の特価に

NTT レゾナントが 2018 年 2 月 23 日に発売した、同社のポータルサイト「goo」ブランドの SIM フリースマートフォン「g08(Wiko 製)」が、国内 Amazon.co.jp において 17,820 円の特価で販売されています。

「g08」の元値は 33,800 円(税抜き)。40% 程度の値引き率です。

ちなみにこの出品は NTT レゾナントの gooSimseller による出品となることもあり、同社系列の MVNO「OCN モバイル ONE」SIM パッケージが同梱します。

ただし SIM の契約は任意です。不要であれば SIM パッケージをスルーして OK。

在庫があるのは “ブラック” のみ。特価購入可能なカラーは “ブラック” のみです。

「g08」

「g08」は 5.7 インチアスペクト比 18:9 のフルビジョンディスプレイを搭載するエントリースマートフォンです。

「goo」ブランドスマートフォンは前作「g07」までコヴィア製となっていたのですが、「g08」では初のフランスメーカー Wiko 製となりました。

ただし前作で好評となっていた 4G + 3G の同時待ち受け「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」にももちろん対応。更に micro SD カードスロットを別で搭載するトリプル SIM を採用しています。つまり進化しているわけです。

NTT レゾナントはこれを “真の DSDS” として謡っています。

ちなみに「g08」では「g07+/07++」で対応していた au の 3G CDMA は非対応となっています。

「g08」は前面に 120 度の超広角撮影が可能な 2,000 万画素 + 800 万画素デュアルカメラとセルフィーフラッシュライトを採用し、背面は 1,600 万画素カメラを採用。

前面のカメラはデュアルカメラによる背景ぼかし撮影「ポートレートモード」や、リアルタイムフィルター撮影機能の「ライブフィルターモード」、そして美顔撮影モードの「フェイスビューティー」も搭載と機能面も充実。特にセルフィーに特化したカメラ仕様です。

プロセッサは Snapdragon 430 で 4GB RAM 搭載です。

OS は Android 7.1 Nougat 初期搭載となります。

また昨今の国内向け SIM フリースマートフォンのトレンドともなりつつある、NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンク(ワイモバイル)の 3 社 VoLTE もサポートします。

主要スペック

OS
Android 7.1 Nougat
サイズ
152.3 × 72.8 × 8.3 mm
重量
162g
ディスプレイ
5.7 インチ(1,440 × 720)HD+、IPS
プロセッサ
Snapdragon 430 Octa-core 1.4GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,600 万画素、F/2.0
フロントカメラ
2,000 万画素 + 800 万画素、120 度広角、セルフィーフラッシュ
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
3,000mAh
その他
micro USB、デュアル SIM(4G + 3G DSDS 対応)、指紋センサー、3 社 VoLTE
カラー
ブラック、チェリー・レッド、ゴールド、ディープ・ブリーン
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 41

Amazon 商品ページリンク

「g08」“ブラック”
gooのスマホ g08 【OCNモバイルONE SIM付】 (音声・SMS・データ共通SIM ブラック)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください