Googleスマートディスプレイが続けて会話をサポート、英語のみ

Google は 2019 年 3 月 8 日、「Google Home Hub」や「JBL Link View」などの Google スマートディスプレイにおいて、“続けて会話” を新たにサポートしたことを発表しました。

“続けて会話”

“続けて会話” は、「Google Home」や「Google Home Mini」など、Google 製の Google Home スピーカーで利用できる機能です。

“Hey Google” や “OK Google” などで「Google アシスタント」の読み取りモードを起動した後に、複数の指示を続けて行うことができます。実際には、例えば “OK Google. 今の時間は?” → “今日の天気は?” → “部屋の電気消して” という感じで、最初の “OK Google” をトリガーとして、指示を続けることが可能です。

つまり毎回 “Hey Google” や “OK Google” を言わなくてよいということです。

ただし “続けて会話” は今のところ、米国英語にしか対応していません。更にいうと Google スマートディスプレイ自体が日本語をサポートしていないので、今のところ「Google アシスタント」すら日本語での利用は不可です。

“続けて会話”、かなり便利そうなので早く日本語に対応して欲しいところですね。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください