Wear OS「Fossil Sport」に2019年5月のセキュリティアップデート配信

国内外共にまだ珍しい Snapdragon Wear 3100 プロセッサを搭載する Fossil 製スポーツ Wear OS ウォッチ「Fossil Sport」に、2019 年 5 月 5 日のセキュリティアップデートが配信開始された模様です。

Wear OS なので例のごとくアップデートはバックグラウンドで勝手に行われます。なので詳しい配信日は不明ですが、最近であることは間違いないでしょう。

アップデートされた「Fossil Sport」は、Android セキュリティパッチレベルが 2019 年 5 月 5 日に更新されます。ビルド番号は「OWM1.181005.036.F7」で、Wear OS バージョンは v2.6 のままで変更ありません。

そして「Fossil Sport」、セキュリティパッチレベルは(恐らく)最新なのに対し、Android OS バージョンは “H(9.0)” ではなく 8.1.0 のまま。既にシステムバージョン “H” が配信されている「TicWatch Pro」や「TicWatch S2」などから遅れをとったままです。

逆に「TicWatch Pro」や「TicWatch S2」は Android セキュリティパッチレベルが最新ではありませんが。

このねじれ状態、なんか気持ち悪いですね。個人的にですけど。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください