Amazon、「Moto G7/G7 Plus/G7 Power」をいきなり9%引き

2019 年 6 月 7 日に発売されたばかりの Motorola 製エントリーモデルスマートフォン「Moto G7」「Moto G7 Plus」「Moto G7 Power」の 3 機種が、国内の Amazon.co.jp にて早くも一律 9% 引きとなりました。

特に「Moto G7 Plus」は元値 41,904 円が 38,081 円と、4,000 円弱程度も安くなっています。狙い目です!

ちなみにそれぞれの機種の元値は以下の通りで、全て税込みです。

「Moto G7」
33,264 円
「Moto G7 Plus」
41,904 円
「Moto G7 Power」
27,864 円

「Moto G7」

「Moto G7」は、今回発表されたシリーズのベースとなるノーマルモデルです。

Moto G シリーズ初のしずく型ノッチ仕様のアスペクト比 19:9 フル HD+ ディスプレイを搭載し、背面にはデュアルカメラを搭載。

背面ロゴ部分は指紋センサー内蔵で、更にフェイスアンロック機能もサポートします。

主要スペックは Snapdragon 632 プロセッサ、4GB RAM、64GB 内部ストレージ、3,000mAh バッテリーを搭載。カメラ仕様は背面が 1,200 万画素 + 500 万画素のデュアルカメラ、前面が 800 万画素です。

前作「Moto G6」で採用された空間音響技術の「Dolby Audio」も、今作ではそのまま採用されています。そして USB Type-C コネクタ採用。

国内向け「Moto G7」はデュアル SIM 対応で、4G + 3G の「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」もサポートしています。

カラーバリエーションは “セラミックブラック” と “クリアホワイト” の 2 色展開。

セラミックブラック
クリアホワイト

主要スペック

OS
Android 9.0 Pie
サイズ
157 × 75.3 × 8.0 mm
重量
172g
ディスプレイ
6.2 インチ(2,270 × 1,080)フル HD+、LTPS LCD
プロセッサ
Snapdragon 632 Octa-core 1.8GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素 + 500 万画素、F/1.8、 1.25um
フロントカメラ
800 万画素、1.12um
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
3,000mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、フェイスランロック、P2i 撥水デザイン、Dolby Audio、NFC 非搭載
カラー
セラミックブラック、クリアホワイト
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
      • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
      • TD-LTE B38 / 40 / 41

「Moto G7 Plus」

「Moto G7 Plus」は、「Moto G7」の基本仕様はそのままに、プロセッサやカメラを向上したスペックアップモデルです。

またカラーバリエーションも “ディープインディゴ” と “ビバレッド” と、「Moto G7」とは異なる展開となっています。

しずく型ノッチ仕様のアスペクト比 19:9 の 6.2 インチフル HD+ ディスプレイや背面デュアルカメラは「Moto G7」と同じものの、カメラは 1,600 万画素 + 500 万画素にスペックアップ。フロントカメラも 1,200 万画素カメラ搭載と、「Moto G7」よりも上回っています。

背面ロゴ部分の指紋センサーやフェイスアンロック機能は「Moto G7」と同じくサポート。空間音響技術「Dolby Audio」ももちろんサポートしています。

主要スペックは Snapdragon 636 プロセッサ、4GB RAM、64GB 内部ストレージ、3,000mAh バッテリー搭載。

Bluetooth 5.0 や NFC 搭載など、細かい部分の機能面でも「Moto G7」より向上しています。

国内向け「Moto G7 Plus」はデュアル SIM 対応で、4G + 3G の「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」もサポートしています。

ディープインディゴ
ビバレッド

主要スペック

OS
Android 9.0 Pie
サイズ
157 × 75.3 × 8.3 mm
重量
176g
ディスプレイ
6.2 インチ(2,270 × 1,080)フル HD+、LTPS LCD
プロセッサ
Snapdragon 636 Octa-core 1.8GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,600 万画素 + 500 万画素、F/1.7、1.22um
フロントカメラ
1,200 万画素、1.25um
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,000mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、フェイスランロック、P2i 撥水デザイン、Dolby Audio、NFC
カラー
ディープインディゴ、ビバレッド
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 40 / 41

「Moto G7 Power」

「Moto G7 Power」は、これまでの Moto G シリーズにはなかったエントリースマートフォンです。

主要スペック的には「Moto G7」と「Moto G7 Play」の中間に位置しますが、この機種の特徴として、シリーズで唯一 5,000mAh の大容量バッテリーを搭載します。

ディスプレイは 6.2 インチのアスペクト比 19:9 HD+ ノッチ仕様。Snapdragon 632 プロセッサ、3GB RAM、32GB 内部ストレージ、1,200 万画素リアカメラ、800 万画素フロントカメラを搭載します。

背面ロゴの指紋センサーやフェイスアンロックもシリーズ同様サポート。

国内向け「Moto G7 Power」はデュアル SIM 対応で、4G + 3G の「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」もサポートしています。

カラーバリエーションは “セラミックブラック” の 1 色展開です。

セラミックブラック

主要スペック

OS
Android 9.0 Pie
サイズ
160.83 × 76 × 9.4 mm
重量
198g
ディスプレイ
6.2 インチ(1,570 × 720)HD+、LTPS LCD
プロセッサ
Snapdragon 632 Octa-core 1.8GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素、F/2.0、1.25um
フロントカメラ
800 万画素、F/2.2、1.12um
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
5,000mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、フェイスランロック、P2i 撥水デザイン、NFC
カラー
セラミックブラック
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 40 / 41

Amazon 商品ページリンク

「Moto G7」“セラミックブラック”

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 4GB/64GB セラミックブラック 国内正規代理店品 PADY0000JP/A

「Moto G7」“クリアホワイト”

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 4GB/64GB クリアホワイト 国内正規代理店品 PADY0001JP/A

「Moto G7 Plus」“ディープインディゴ”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 Plus 4GB/64GB ディープインディゴ 国内正規代理店品 PADU0003JP/A
「Moto G7 Plus」“ビバレッド”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 Plus 4GB/64GB ビバレッド 国内正規代理店品 PADU0002JP/A
「Moto G7 Power」
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G7 Power 4GB/64GB セラミックブラック 国内正規代理店品 PAEK0002JP/A

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください