「Google レンズ」でAR広告、まずはニューヨーク・タイムズから

Google は 2019 年 7 月 11 日、スマートフォンカメラを利用した拡張機能「Google レンズ」における AR 広告表示機能を発表しました。

「Google レンズ」の AR 広告表示機能は、ますは同日のニューヨーク・タイムズ紙における Netflix 動画「Stranger Things 3」の広告にて展開されています。

表示方法は簡単で、Android の「Google アシスタント」や iOS の「Google」アプリからカメラを利用する「Google レンズ」を起動して、広告をカメラで捉えるのみです。スマートフォンのディスプレイ内で動く広告が表示されませす。

「Google レンズ」の AR 広告表示、今後様々な媒体におけるブランド、店舗、スポットなどの広告にて展開されていく予定です。

今回はニューヨーク・タイムズ紙ということで米国のみではありますが、日本でも展開して欲しいですね。展開されるとしたら第 1 号はどこになるのでしょうか。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください