Article headline Speakable markup example

Wear 3100搭載新型Wear OS「EMPORIO ARMANI Connected」発表

  • EMPORIO ARMANI 新型 Wear OS「EMPORIO ARMANI Connected」発表
  • 53,000 円(税抜き)
  • 2019 年 10 月以降発売予定

ファッションブランドの EMPORIO ARMANI は 2019 年 9 月 6 日、新型 Wear OS ウォッチ「EMPORIO ARMANI Connected」を発表しました。

「EMPORIO ARMANI Connected」は 53,000 円(税抜き)で、日本でも 10 月以降に発売される予定です。

ちなみに「EMPORIO ARMANI Connected」、これまでのシリーズと名前が一緒で、型番が刷新されているだけです。

「EMPORIO ARMANI Connected」

「EMPORIO ARMANI Connected」は、Fossil の第 5 世代 Wear OS ウォッチ「The Carlyle」「Julianna HR」と同等のスペックを性能を搭載する、ファッション Wear OS ウォッチです。

一見スポーティー仕様ですが、リストバンドはメタル製のものもあり、ラグジュアリーな仕様となっています。

円形ケースとディスプレイを採用するデザィンで、Snapdragon Wear 3100 プロセッサ、1GB RAM、8GB 内部ストレージを搭載します。またスピーカーも搭載し、単体での楽曲再生や、ペアリングしている Android もしくは iPhone との Bluetooth 接続によるハンズフリー通話もサポート。

右サイドの物理ボタンは真ん中が電源ボタン、上下がカスタマイズ可能なファンクションボタンです。また電源ボタンは回して画面スクロールなどのダイヤル操作もサポートしています。

規格は不明ですがが防水もサポート。水泳耐性ありです。

GPS と NFC(Android Pay ※日本未対応)も搭載と、ハイスペック & 高機能仕様という点においても「Fossil The Carlyle」「Fossil Julianna HR」と変わりません。

バリエーションは型番「ART5020」「ART5021」「ART5022」「ART5023」「ART5024」「ART5025」の 6モデルです。

ART5020
ART5021
ART5022
ART5023
ART5024
ART5025

Source:PR Times

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

「Wear 3100搭載新型Wear OS「EMPORIO ARMANI Connected」発表」への2件のフィードバック

  1. 血中酸素計れるスマートウォッチ、予算二万くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください