12GB RAM搭載「OnePlus 7T McLaren Edition」正式発表

    この記事のポイント!
  • 「OnePlus 7T Pro」のさらなる上位モデル「OnePlus 7T McLaren Edition」正式発表
  • Snapdragon 855+ プロセッサ + 12GB RAM + WQHD ディスプレイ搭載
  • 2019 年 10 月 17 日発売

中国のスマートフォンメーカーの OnePlus は 2019 年 10 月 10 日、ロンドンで開催された新製品発表イベントにおいて、同日に発表された 2019 年セカンドフラッグシップの上位モデル「OnePlus 7T Pro」の、さらなる上位モデルに限定モデル「OnePlus 7T McLaren Edition」を正式発表しました。

「OnePlus 7T McLaren Edition」は、11 月 5 日に英国で発売されます。本体価格は £799.00 です。

「OnePlus 7T McLaren Edition」

「OnePlus 7T McLaren Edition」は、英国の自動車メーカー マクラーレン とのパートナーシップ締結に伴うコラボ製品第 2 弾です。

基本的なデザインや仕様は「OnePlus 7T Pro」とほぼ同じで、RAM が 8GB から 12GB にアップグレードされているほか、カラーバリエーションがマクラーレン仕様の “Papaya Orange” となっています。

6.67 インチ(3,120 × 1,440)WQHD+ AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 855+ プロセッサ、258GB(UFS 3.0)内部ストレージ、メイン 4,800 万画素 IMX586 センサー + 望遠 1,200 万画素 + ウルトラワイド 1,600 万画素のトリプルリアカメラ、ポップアップ式の 1,600 万画素 IMX471 センサーフロントカメラ、4,085mAh バッテリー搭載は、「OnePlus 7T Pro」と同じです。

焦点距離 2.5cm の近距離撮影「マクロモード」、「Warp Charge 30」から 23% 高速化された 5V / 6A 超高速充電「Warp Charge 30T」、立体音響システム「Dolby Atomos」対応のステレオスピーカー、ディスプレイ内蔵指紋センサーなども、同じく搭載 & サポートされています。

OS も初期で Android 10 ベースの独自 UI「OxygenOS 」を搭載します。

「OnePlus 7T McLaren Edition」は化粧箱も特別仕様となるほか、専用ケースも同梱されます。

主要スペック

OS
OxygenOS(Android 10 ベース)
サイズ
162.6 × 75.9 × 8.8 mm
重量
206g
ディスプレイ
6.67 インチ(3,120× 1,440)WQHD+、AMOLED、アスペクト比 19.5:9、リフレッシュレート 90Hz
プロセッサ
Snapdragon 855+ Octa-core 2.96 GHz
RAM
12GB LPDDR4X
内部ストレージ
256GB UFS 3.0 2-LANE
リアカメラ
4,800 万画素(F/1.6、画素サイズ 0.8 ~ 1.6µm、Sony IMX586)+ 1,200 万画素(望遠、F/2.2、画素サイズ 1.0µm)+ 1,600万画素(F/2.2、117°)
フロントカメラ
1,600 万画素、F/2.0、画素サイズ 1.0µm、Sony IMX471
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
4,085mAh、Warp Charge 30T
その他
USB Type-C(3.1)、デュアル SIM、ディスプレイ内蔵指紋センサー
カラー
Papaya Orange
モバイルネットワーク
  • 2G
    • GSM クアッドバンド
  • 3G
    • WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 8 / 9 / 19
    • TD-SCDMA B34 / 39
    • CDMA B0 / 1
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 32 / 66
    • TD-LTE B34 / 38 / 39 / 40 / 41

Source:OnePlus

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください