Android「Google フォト」ドキュメント切り抜き機能の使い方

    この記事のポイント!
  • Android 版「Google フォト」アプリで利用できる[ドキュメントを切り抜く]機能の使い方をご紹介
  • テキストエリアをまるごと切り抜くことが可能
  • さらに自動で補正も

今回の記事では、Google オンラインフォトライブラリサービス「Google フォト」の Android 版アプリで利用できるようになった、画像のテキストエリアをまるごと切り抜きつつ補正もしてくれる[ドキュメントを切り抜く]機能の使い方をご紹介します。

「Google フォト」アプリの[ドキュメントを切り抜く]機能は、2019 年 4 月頃に文章トリミング機能として一旦解禁されたのですが、実際には iOS 版「Google フォト」のアシスタント機能として、展開が開始された機能となっていました。

しかし改めて Android 版「Google フォト」にて、手動操作による[ドキュメントを切り抜く]機能が解禁され、利用できるようになりました。

[ドキュメントを切り抜く]機能の使い方

Android「Google フォト」アプリの[ドキュメントを切り抜く]機能の使い方は、対象の画像を表示して、編集アイコンをタッチします。

画面下に表示される編集バー一番左のアイコンをタッチし、さらに[ドキュメントを切り抜く]をタッチします。

[ドキュメントを切り抜く]機能はマニュアルで範囲を指定することもできますが、自動で切り抜く範囲を認識させることも可能です。[自動]→[完了]の順にタッチします。

すると切り抜きつつ歪みなどが補正された画像が出来上がります。これは元の画像に上書きできるほか、別ファイルとして「Google フォト」に保存することも可能です。

「Google フォト」の[ドキュメントを切り抜く]機能は、例えば名刺写真を見やすく整理するときなどに便利です。ほかにも様々に活用できるので、是非利用してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください