Garmin Payが「Suica」サポートへ、Google Pay経由でチャージも可能

    この記事のポイント!
  • 「Garmin Pay」が「Suica」サポートへ
  • 「Google Pay」経由でチャージも可能
  • 2020 年 5 月を予定

米国のウェアラブルメーカー Garmin(ガーミン)の日本法人 Garmin Japan は 2020 年 4 月 15 日、同社のウェアラブルデバイスで展開しているスマートウォッチ決済「Garmin Pay」において、なんと JR 東日本が展開する交通系 IC サービス「Suica」のサポートサービス「Garmin Pay Suica」を 2020 年 5 月下旬より開始すると発表しました。

「Garmin Pay」で「Suica」のサポートが開始されると、スマートフォンと Garmin スマートウォッチをペアリングしている状態で、スマートフォン側のアプリから「Suica」の発行やチャージを行うことが可能となります。

さらに「Google Pay」に登録しているクレジットカードから、「Garmin Pay Suica」へのチャージも可能。このほか JRE POINT サイトへの登録を行うことで、JRE POINT を貯めることもできるようになります。

今のところ「Garmin Pay Suica」対応機種は、Approach S62 シリーズや fenix 6Xシリーズなど 15 機種です。実際には 5 月下旬に配信されるソフトウェアアップデートにて利用できるようになる予定です。

Wear OS ウォッチの「モバイル Suica」サポートよりも「Garmin Pay Suica」の方が早いということで悔しい限りですが、Wear OS にも頑張ってほしいところですね。

Source:Garmin

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください